心も身体もほっと一息つけるマクロビカフェ「ひとこきゅう」【東京・三鷹】

東京・三鷹駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅街に「穀物菜食」をコンセプトに、マクロビオティックに根ざした体が喜ぶごはんを提供しているカフェ「ひとこきゅう」があります。

忙しい中でも一息ついてしっかり食事をしてほしい、呼吸を調えて心も身体も調えてほしいという思いからひとこきゅうと名付けたそうです。

ソーシャルグッドな商品のマーケットGood Good Mart

日常を忘れるゆったりとした時間


店内は天井がやや高く、開放感と温かみがあります。

落ち着いた雰囲気で席につくだけでほっとする空間です。


使う食材は農薬不使用またはオーガニック。

日々忙しくて食事の優先順位が低くなったり、マクロビオティックは気になるけど実践できていないという人のために、「本質的に美味しいご飯」を提供したいと一品一品丁寧に調理することを心がけているそうです。

どれも魅力的なメニューばかりで迷いましたが、他のお店ではあまり見かけない稗(ひえ)のフライ定食と、店内に入った時に餃子の具を皮で包んでいるのが見えた有機野菜たっぷり餃子定食をシェアしました。

子どもから大人まで美味しく食べられる優しい味

心地よい空間で、焼いたり混ぜたりする料理の音を聴きながら食事が運ばれてくるのを待つ間も癒しの時間でした。


「稗のフライ定食」1700円(税込)。

食物繊維、マグネシウム、鉄分などの栄養価の高い雑穀の稗のフライがメイン。その他に酵素玄米、お味噌汁、2種類の副菜、デザートがセットになった定食です。

メインの稗のフライは外はサクサク、中はふんわりで白身魚を思わせるような味でした。ソースとタルタルソースがついていて、タルタルソースには細かく刻んだカシューナッツが入っています。クリーミーさと食感がプラスされて美味しかったです。

フライの横に添えられているきゅうりの漬物はさっぱりしていて箸休めになります。

モチモチとした酵素玄米は噛みしめるほどに甘みを感じます。

日替わりのお味噌汁は玉ねぎ、人参、わかめなどが入っていて具沢山。

この日の副菜はポテトサラダとインゲンの胡麻和え。素材の味を活かした優しい味でした。


「有機野菜たっぷり餃子定食」1700円(税込)。

餃子は“焼き”か“揚げ”を選べたので、焼き餃子にしてもらいました。

具がたっぷり入った餃子は野菜の旨味を強く感じ、タレをつけずにそのまま食べても美味しかったです。

どちらのメインも苦味や辛さがほとんどない優しい味なので、子どもでも美味しく食べられると思います。


セットのデザートはりんごのフルーツゼリー。

ボリュームのある大満足なランチにちょうどいいサイズ。甘さ控えめでさっぱりしていています。

食事からデザートまですべてがじっくり味わいたくなる優しい味でした。


伺った日は店内は満席でテイクアウト目当てのお客さんも多かったです。店内利用、テイクアウトともに事前の予約がおすすめです。

ひとこきゅうは環境に優しい食材だけでなく、テイクアウト用の容器も極力石油を使用しない環境に配慮したもので提供しています。

人にも環境にも優しさを感じるひとこきゅうにぜひ行ってみてください。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

【マクロビミールひとこきゅう】の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

WatanabeSayuri

WatanabeSayuri

身体を壊したことをきっかけに、通院生活を送りながら様々な食事方法を学ぶ。その中でRawフードと出会い、現在はRawスイーツ教室やイベンドを主宰、企業向けにレシピ開発を行う。また豆腐の普及活動に携わり、日本の伝統食である豆腐の素晴らしさを伝えている。