アボカドの黒い部分は食べられる?食べ頃か腐敗しているかの判断ポイント

アボカドを切った時、中が一部黒くなっていることはありませんか?

場合によっては、購入したばかりなのに、変色していることもあるでしょう。

そもそも変色したアボカドは、食べられるのかどうか気になる方も多いですよね。

この記事では、アボカドが黒く変色する原因、変色しただけのアボカドと腐ったり傷んだりしたアボカドの見分け方について解説します。

また、変色したアボカドのおすすめの食べ方もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

アボカドの中身が黒い理由と原因

完熟した黒い皮のアボカド
アボカドを切った時に、黒い斑点や筋がある場合があります。

ここでは、アボカドでよく見る黒い筋や斑点の正体について、解説しましょう。

アボカドの黒い筋・斑点の正体

アボカドにある黒い筋は、酸化して黒く変色したアボカドの組織「維管束」、黒い斑点は、ポリフェノールやポリフェノールオキシダーゼという酵素です。

アボカドの組織は、酸素に触れると酸化を起こし、黒く変色する場合があります。

特に、種に栄養素を運ぶ役割を持つ維管束は、ほかの果肉部分に比べて酸素に触れやすい傾向にあり、酸化しやすい部分です。

黒い筋や斑点は、傷んだり腐ったりしているわけではなく、食べても問題ありません。

ただし、味や食感は、ものによって少し劣化していることがあります。

酸化以外のアボカドの変色の原因

アボカドの変色は、主に酸素に触れることで起きる現象ですが、熟しすぎた場合や追熟が上手くいかなかった場合、低温障害が発生した場合にも起こります。

また、アボカドは、切って置いておくだけで酸化が進んで変色が進みます。調理する際は、工夫して変色のスピードを遅らせる必要があります。

皮が黒くなった場合

アボカドは、熟す過程で、緑色から黒色に皮が変色していきます。

皮の黒いアボカドは、果肉が熟しているサインです。また、手で果肉を押した時、柔らかくなっているのも食べ頃の合図です。

緑色の皮をしたアボカドは、果肉が硬すぎて切れない場合もありますが、1週間ほど待てば黒く変化します。

アボカドを栽培する時に種が黒くなる原因

カットしたアボカドを皿に乗せた画像
アボカドは、家庭でも栽培が可能な植物です。

水耕栽培で、アボカドの種が黒く変色する場合がありますが、これは、水のあげすぎや浸かりすぎが原因かもしれません。

水に浸かりすぎて黒くなったアボカドの種は、育たなくなる場合が多いです。

アボカドの種は、定期的に洗うようにすると、黒くなりにくくなります。最低1日に1回、夏場は2回、水を換えるようにしましょう。

また、水耕栽培で、根が出て成長してきたアボカドの種は、早めに、土に植え替えることをおすすめします。

果肉が黒くなったものでも食べられる?

食べやすくカットしたアボカド
果肉が黒くなったアボカドは食べられるのか、気になる方も多いでしょう。

結論から言うと、アボカドは、黒い筋や斑点ができていても食べられる場合が多いです。

しかし、異臭がしたり、果肉全体が変色していたりする場合は、食べるのを控えるようにしましょう。

ここからは、アボカドの食べ頃チェック方法や、腐っているかどうかの判断基準について詳しく解説していきます。

食べ頃かどうかを判断するポイント

前述通り、アボカドは、皮が黒くなっているもの、実を指で押した時に柔らかくなっているものが食べ頃です。

また、アボカドは、ヘタから熟していく傾向にあるため、ヘタをチェックするのもポイントです。

ヘタが浮き上がりすぎているものは、熟しすぎている可能性が高く、果肉が傷んでいたり腐っていたりする場合があります。

腐っているかどうかを判断するポイント

アボカドは、中を見てみないと、腐っているかどうか判断がつきません。

アボカドが食べられるかのポイントは、黒い筋や斑点があっても、果肉が鮮やかなイエローグリーンをしていることです。

果肉が熟しすぎて全体的に変色している場合、異臭がする場合は、食べるのを控えましょう。

アボカドが黒い時は返品できる?

購入したアボカドを切ってみると、果肉全体が黒かったり、傷んでいたりして、使用できないこともあるでしょう。

商品の返品が可能かどうかは、お店によって異なるため、購入したお店に問い合わせてみてください。

また、返品したい場合は、レシートを持参するようにしましょう。レシートがないと、返品ができない場合がほとんどです。

ちなみに、皮が黒いアボカドを選ぶと、中が熟しすぎている場合もあるので、緑の状態で購入し、自宅で食べ頃まで待つのもおすすめです。

皮が黒くても固い場合はどうすれば良い?

手のひらに乗せたアボカド
稀に、皮が黒くなっているのにも関わらず、果肉が硬いアボカドもあります。

ここでは、アボカドが固かった場合の対処法についてご紹介します。

皮が黒くても実が固いのは何故?

アボカドの皮が黒いのに、果肉が固い場合、低温障害を起こしている可能性が高いです。

アボカドは、5度を下回ると、低温障害を起こして傷む可能性があるため、冷蔵庫ではなく野菜室での保存がおすすめです。

また、暑すぎても傷むので、常温保存ではなく、野菜室で熟すのを待つ方が良いでしょう。

固いアボカドを食べる方法

固いアボカドは、以下のような方法を取り入れると、柔らかく食べることができます。

  • りんごかバナナのそばに置いて追熟させる
  • 電子レンジなどで加熱する

りんごやバナナは、エチレンガスを発生させます。

エチレンガスは、自らの熟成を促進する植物性ホルモンです。このガスの影響を受けることで、アボカドが熟すスピードが上がります。

より早く柔らかくしたい場合には、電子レンジで2〜3分加熱するのもおすすめです。

ただし、電子レンジによる加熱は、アボカドの風味が落ちる可能性があるので、加熱調理する場合の使用がおすすめです。

あわせておすすめ!

黒くなったアボカドの活用レシピ

手で持ったアボカド
黒い部分があるけれど腐っていないアボカドは、レシピ次第で見栄えを気にせずに食べることができます。

変色だけの場合は、黒い部分を取り除いたり、変色や風味の気にならない料理に使用したりするのがおすすめです。

ここからは、黒くなったアボカドが活かせるレシピをご紹介します。

アボカドフムス

アボカドをペーストにしたフムスは、黒い部分があっても気になりません。

野菜をディップしたり、パンに付けて食べたりと、さまざまな味わい方が楽しめる一品です。

アボカドフムス 【Avocado hummus 】

【材料】
・●アボカド 1個
・●ひよこ豆(缶詰) 1/2缶
・●黒にんにく(普通のにんにく) 1片
・●塩 少々
・●クミンシード お好みで
・●練りごまペースト 大さじ2位
・レモン果汁 大さじ2位
*オリーブオイル 適量
*カイエンパウダー 適量

【作り方】
1. FPに●を入れてガーッ。黒にんにくがなければ、普通のにんにくで。軽いもの、小さいものは最初に入れます

2.レモン果汁を入れてさらにガーッ

3.器に盛り付けて、*で仕上げる

引用:スナップディッシュ

ひじきとアボカドの柚子胡椒サラダ

ミネラル豊富なひじきと栄養価の高いアボカドを組み合わせたサラダです。

柚子胡椒の風味が鼻を抜け、香りも楽しめる一品。パンに乗せてもおいしくいただけます。

昨晩ののこり*ひじきとアボカドの柚子胡椒サラダ。

【材料】
・乾燥ひじき
・アボカド 1個
・サラダ豆 1袋
・レモン汁 1片
・★醤油 大さじ1〜2
・★砂糖 小さじ1
・★柚子胡椒 小さじ1〜

【作り方】
1.ひじき水で戻す

2.アボカド切るレモン汁かける

3.★まぜる ぜんぶあえる

引用:スナップディッシュ

アボカドのマヨチーズ焼き

アボカドを丸々使いたい場合には、ヴィーガンマヨネーズとヴィーガンチーズを乗せて食べるのもおすすめです。

黒い部分が隠せるので、見た目が気にならないのもポイント。ヴィーガンチーズで濃厚さも増すメニューです。

アボカドのマヨチーズ焼き

【材料】
・アボカド 1個
・ハーブソルト 適量
・ヴィーガンチーズ(シュレッドタイプ) 適量
・ヴィーガンマヨネーズ 適量
・ピンクペッパー(あれば) 適量

【作り方】
1.常温に戻したアボカドを半分に切って種を除き、ハーブソルトを振る。

2.くぼみにチーズを盛り、マヨネーズをかける。

3.温めたトースターで、チーズがとろけてこんがりするまで7分焼く。好みでピンクペッパーを乗せる。

引用:vcook

まとめ

熟す前の緑のアボカド
アボカドの果肉の変色は、酸化によるものが多いということがわかりました。

アボカドは、一部変色していても、食べられることがほとんどです。

果肉全体の色や臭いなどを確認することで、食べられる状態であるかどうかを見分けましょう。

ご紹介した、変色したアボカドを上手に活用できるおすすめレシピも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Vegewel編集部

Vegewel編集部

日本初のプラントベース・ポータルサイトVegewelの編集部です!Vegewelはプラントベース(植物性/ヴィーガン)の情報に特化したWebサービスで、2016年10月から運営しています。観光庁発行の「飲食事業者等におけるベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」では日本サービスとして唯一掲載され、飲食店に対して登録が推奨されています。