スパイス使いで野菜を美味しく味わえるネパール料理店「グレビー」(東京・小川町)

ちまたで人気のネパール料理。でも、ネパール料理はお肉を使うし、どんな料理かわからず、とっつきにくい……!と思っている人も多いのでは?

そんな心配はご無用!今回紹介する東京・小川町の「グレビー」では、野菜をたくさん使った美味しくてヘルシー、そしてヴィーガン料理が楽しめるネパール料理が食べられるんです。

注目すべきは、シェフが〇〇の知識を持った凄腕シェフだということ。

さて、どんな知識をお持ちなのか、レポートしたいと思います!

新しくてかわいらしい店内

店内に入るとそこはかわいらしく華やかな空間でした。

お昼時はOLさんやサラリーマンたちで賑わっています。

ところどころでレイアウトされているカレーに使われている食材のこだわりやお店の紹介文もおもしろいですよ。


魅力あふれるメニューとヴィーガン料理

メニューを見るとダルバートをはじめ、その日のおすすめメニューやさまざまなネパール料理がありました。

説明書きがあるので、ビギナーにはわかりやすいですね。

その中でひときわひきつけられるベジタブルダルバートを発見!早速いただきます。

ベジタブルダルバートの気になる味は?

種類豊富なたくさんの野菜たち。それぞれの野菜の特徴を生かした調理法で提供される人気メニューのダルバート。

野菜の味わいが上手に引き出されていて、とっても美味しいんです!

1つ1つのおかずを単体で食べても美味しいですが、ごはんの上で混ぜて食べてもさらに美味しくいただけます。

そして満足感はあるのに胃がもたれない。野菜とスパイスのパワーを生かしたダルバートにあっぱれです!

同店のシェフはアーユルヴェーダの知識ももつネパール人シェフ。

ベジタブルダルバートはアーユルヴェーダを取り入れた調理法なのだそうです。

「正しいスパイスの使い方でカラダをスパイスで直していく」をモットーに料理が作られています。

これからの「グレビー」に期待高まる

「ヘルシー・美味しい・環境や地球に優しい」をコンセプトにお店を展開すしている「グレビー」。

今後は、これまで以上に野菜にフォーカスした料理を提供していくとのこと。

サスティナブルや健康意識の高まっている現代の私たちにとって注目したいお店ですよね。今後の「グレビー」の展開に期待が高まります。

そんな「グレビー」で、ぜひ一度美味しいヴィーガンネパール料理を堪能してみてください!

店舗情報
グレビー
東京都千代田区神田小川町3-11-2 インペリアル御茶の水 1F
電話 03-5244-5128
11:00~23:00(L.O22:30)

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

【グレビー】の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Kaho

Kaho

食生活アドバイザーをはじめ食にまつわる資格複数保持。趣味は食べ歩きと料理とヨガ。食べ歩きからインスピレーションを受けたスパイス料理や創作料理が得意です。「健康は食事から」をモットーにヴィーガンもそうでない人も誰もが食事を楽しめる、健康を意識した「食」を届けていきます。