「いい感じ」(=Fit) のエナジーバーやプロテインを気軽に。Fitness in Life the KIOSK(フィットネス イン ライフ ザ キオスク)【駒場東大前】

自然食大国ドイツ。

オーガニックや自然食の先駆けの国というイメージも強いですね。スーパーマーケットには、慣行栽培の野菜とオーガニックの野菜が並列して陳列されていたり、自然食オーガニックスーパーマーケットの数も多いです。

それだけ、国民の安全な食への意識が高いのでしょう。

そのドイツから、エナジーバーやプロテインなどを輸入販売している「Fitトレード&マーケティング合同会社」が、駒場東大前に「Fitness in Life the KIOSK(フィットネス イン ライフ ザ キオスク)」をオープンしました。

Fitness in Life the KIOSKの場所や詳細な情報はこちら

Seitenbacher(ザイテンバッハ)やEnergyOrtsnack(エナジーオーツスナック)の発信基地としてのキオスク!


写真:左Energy Ortsnackのエナジーバー(ヴィーガン仕様)、右Seitenbacherのプロテインバー(乳使用のベジタリアン仕様)。

こちらでは、Seitenbacher(ザイテンバッハ)・Energy Ortsnack(エナジーオーツスナック)の商品や、プロテインシェイク・コーヒーなどを販売しています。

Seitenbacherはドイツの老舗自然食メーカー。一切の外部委託をせず、原材料の加工から全ての生産工程が自社内の厳格な管理体制のもとでで行われており、非常に信頼のおける会社です。

さらに、原材料はその土地にあった農法で丁寧に作られたもののみを使用。添加物や遺伝子組み換えのものは一切使用せず、『クリーンフード』を使用するスタンスです。


写真:Müsli bowl(ミューズリーボール )(一杯500円税込)

健康食として評価の高いオーツ麦を、ローフードとして美味しく食せるようにした「ミューズリー」は、Seitenbacherが初めて開発しました。動物性食材不使用のヴィーガン商品です。

オーツ麦は栄養価が非常に高く、しかもGI値が低いのが特徴です。欧米では代表的な健康食品のひとつ。日本で言う玄米に近いのかもしれません。


写真は、オーツ麦を使用した、Energy Ortsnack(エナジーオーツスナック)のエナジーバー(左:チェリーココナッツ味、右:チョコレート味。共に380円税込)。

Energy Ortsnackは、ドイツ人ボディビルダーが、スポーツ栄養学を元に、自然食材を用いたパワーフードを開発したことがきっかけで創業した会社です。

エナジーバーは、オーツ麦にフルーツやチョコレートが加えてあり、エネルギーを長時間持続する必要とするサイクリング・登山・ボディビルダーなどのスポーツ選手に非常に定評があります。

低GIのオーツ麦と高GIのフルーツやチョコレートの組み合わせで、自然なエネルギー供給を長く持続させるのです。

味は三種類あり、チェリーココナッツ味とチョコレート味がヴィーガン仕様です。(380円税込)

キオスクでは、これら2社の商品を柱に、ドリンクも提供。プロテインバーやエナジーバーは、コーヒーとセットで500円で頂けます。運動・身体・健康などに関する交流の場や、情報発信基地として発展していきそうな予感です。

お店は半地下。スクワットをして商品を受け取って!


このキオスクのさらに面白い特徴は、フィットネスを取り入れていることです。

例えば、エナジーバーなど商品を受け取る為にはスクワットが必要だったり、エスプレッソを飲むにはセルフのエスプレッソマシーンで握力を必要としたり、自転車ペダルが付いたチェアが店頭においてあったり。


写真:商品を受け取るにはスクワット!これをしておけば全身の運動になるのです!


写真:Self Pressing Espresso(セルフプレッシングエスプレッソ)(350円税込)

このキオスクに行くと、自然とフィットネスができてしまう!カラダが喜ぶものを買うことによって、さらにカラダに良い事があるなんて、なんて素晴らしいおまけでしょう!

ヴィーガンプロテインやベジミートサンドイッチも販売しています!


キオスクでは、Seitenbacher(ザイテンバッハ)社のプロテイン、そしてカスタマイズできるプロテインシェイクも取り扱っています。

このヴィーガンプロテインは、キオスクを運営するFitトレード&マーケティング合同会社の佐藤さん・中村さん姉弟と、Seitenbacher社の共同開発商品です。

原材料は、乳たんぱくに限りなく近い栄養価のえんどう豆たんぱく・抹茶・オオバコ・ステビア。プロテイン(=たんぱく質)は、ドイツでも国をあげて積極的に摂取していこうという大事な栄養素で、現代のあらゆる生活習慣病対策に必須なものなのです。

また、動物性のプロテインばかりでは酸性に傾きがちのため、ヴィーガンでない方にもぜひオススメしたいのが、このヴィーガンプロテイン。

このプロテインを使用したシェイク(450円税込)は、+100円で豆乳やライスミルクを使用したり、+150円でバナナ・オーツ麦・アーモンドをトッピングすることもできます。

オススメはやはりライスミルクにバナナのトッピング。サラっとした抹茶としっかりバナナ、これ一杯で満足度も栄養価も高いです。


写真:ヴィーガンプロテイン(5,270円税込 / 袋)。店内でボトルキープならぬプロテインキープもできる。


写真:Rye Sandwitch(ライサンドイッチ)(500円税込)

ヴィーガンサンドイッチは、同じくSeitenbacher社の野菜ハンバーグミックスを使用した、1日12食限定のホームメイドサンドイッチ。酸味の効いたドイツの天然酵母ライ麦パンに、ザワークラウト・レタス・ベジミートが挟んであります。

この野菜ハンバーグミックスは、大変珍しいことに、大豆からではなく、オーツ麦・スペルト小麦・オーツ麦などからできたものなのです。

7種類の野菜も入っており、海水塩で味もしっかりついているので、水を入れて混ぜて焼くだけで、簡単にヴィーガンハンバーグが完成します。忙しい方にも非常に重宝しそうです。


写真:野菜ハンバーグミックス(498円税込)

この野菜ハンバーグミックスには、お水の代わりに豆腐を使用するとさらにボリューム満点になる裏ワザが!

皆様の生活の一部になっていきたい!運動の拠点・中心になっていきたい!


写真:姉弟で経営されているので、アットホームな雰囲気。

5月15日にオープンしたばかりのFitness in Life the KIOSKですが、早くも多くの地元のお客様が気軽に立ち寄れる場所になっていました。

上記のように、このキオスク自体が素晴らしいということもありますが、なんと言っても、オーナーの佐藤さん・中村さん姉弟の対応が素晴らしいことに帰依するような気がします。

道行く人々に気さくに声をかけ、コミュニケーションを取り、満面の笑みでお客様をホッとさせる。そこにはなんの雑念もない。まさにここで取り扱う商品のような、自然と人間の共存の在り方が写し出されているようでした。

ご自身もアスリートであるお二人は、アスリート食のエキスパートでもあります。お気軽に話しかけてみてはいかがでしょうか!?きっと食や身体の相談など、お話にも花が咲くことでしょう!


ランナーの為の荷物一時預かり所、ECBO CLOARK(エクボクローク)としても登録しています。(bag size×3 suitcase size×2まで預かり可能。)

今後は、このキオスクを拠点としたランニングコースを組んだり、様々なイベントを企画し、食と健康とアクティビティを積極的に繋げる場として、活動の幅を広げて行きたいそうです。

色んな可能性を秘めた、ベジタリアン・ヴィーガンアスリートの、またそうでない方にも楽しめる、憩いの場となっていきそう。

今後の展開が楽しみです!

Vegewel特典

「Vegewelを見た」と言って頂いた方に、「EergyOatSnack(エナジーオーツスナック )のエナジーバー」*の一口サイズをプレゼント!(9月末まで)

*チョコ味。ヴィーガン仕様

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

Fitness in Life the KIOSKの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

おすすめのギルトフリースイーツ


アガベシロップと国産果実のゼリー【もも】


インカベリーバー【ココナツ&アーモンド】


おからのかりんとう【黒糖】


デーツクラウン クナイジ種 250g


トミィミューズリー【ヘーゼルナッツ&カカオ】

このほか、プラントベース食品のオンラインショップVegewel Marchéでは50種類以上のギルトフリースイーツをご用意しています。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください!

角田みどり

角田みどり

地球、自然をこよなく愛す。写真家としても活動をする傍ら、常に人の身体に本当にいいものを探求している。
http://midori-tsunoda.com