会員限定
2種類の手作りヴィーガンチーズ ~爽やかヴィーガンカッテージチーズ&とろけるヴィーガンチェダーチーズ~

チーズは様々な料理で使われるので、乳製品を使わないヴィーガンチーズも、特徴を持つものがあると便利で料理の幅が広がります。

ネットなどの料理サイトで紹介されている豆乳チーズのレシピは「カッテージチーズタイプ」で豆腐を使って作っているものが主流。それに合わせて、とろける「チェダーチーズタイプ」が作れると便利です。

今回は、様々なレシピやメーカーの特徴を活かして、ご家庭でも美味しく簡単にできる爽やかな味の「カッテージチーズタイプ」と、とろける「チェダーチーズタイプ」のヴィーガンチーズ2種類をご紹介します。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

松下 和代

松下 和代

食事は、「心のこもった温かい手で」をモットーに児童養護施設に住み込みで働く。さらに、栄養士として、ミルク会社のメールマガジンの編集・栄養・保育相談を担当後、フリーで各種保育施設の献立制作や栄養相談・テレビ・雑誌・WEB等で栄養関連の執筆を行う。現在は、ライター稼業兼、こじんまりとした料理教室を主宰。栄養士・調理師・保育士・食品アドバイザーの資格所有。趣味は、ホラー漫画とフィギア集め。