とびきりおいしい野菜をレトロ×モダン空間で楽しむ。野菜居酒屋 玄氣(やさいいざかや げんき)【神田】【Vegewel特典】

オフィス街に突如現る蔓の絡まる古民家。

はじめて見た人には何やら怪しいこのお店。誰もが目を引かれるこの店構えは、人気テレビ番組にも登場したことから、「どこかで見たかも?」という人も多いかもしれません。

店先には亀がいたり、天然酵母パンが売っていたり、「千客万来」や「身土不二」の筆文字の掲示があったりと、まるで玉手箱のような、「野菜居酒屋玄氣(やさいいざかやげんき)」。

こんなにも好奇心を沸かせるお店はないでしょう。

ヴィーガン・グルテンフリー・五葷抜き、あらゆる食制限もウェルカムな居酒屋、その魅力と美味しさをご紹介します。

野菜居酒屋 玄氣の場所や詳細な情報はこちら

大人の遊園地みたいな店内


神田駅の西口商店街を抜けて8分ほど歩くと、古き良き街並みの残る一角が。その中でもひときわ目立つ建物が、玄氣です。

横にそびえる大手町のオフィスビル群とは対照的、沖縄の民族衣装のような古着の羽織を着崩した店主とスポーティーな奥様が、元気いっぱいの笑顔で迎え入れてくれます。

建物は2つに分かれていて、手前の建物の1階は日中~売り切れまでの天然酵母パン屋「あつんこパン」、2階はお座敷広間、3階は隠れ家的な5人までOKの屋根裏部屋みたいな個室。

奥の1階はカウンター席で、鉄板焼きの調理を目の前で見ることができます。こちらは予約なしで入れるスペース。


遊園地に来たかのような店内。それぞれの空間が味わいあるインテリアにになっています。

古いものが大好きというオーナーが趣味で集めた骨董品やグッズが並んでいて、飽きることがありません。

こんなネオジャパネスクな異空間は、日本人のみならず、外国人の方も楽しめること請け合いです!


2階にある予約のみの座敷には、ダイナミックな季節の生け花が活けられ、室内お花見ができるようになっています。春には桜が満開。まさに都心のパワースポットです。

お客様に楽しんでほしいという想いが、あちらこちらに散りばめられています。

文句なし、美味しいを通り越して「旨い!」野菜って、こんなにもエネルギッシュ。


お店構えについても書ききれませんが、玄氣の売りはやはり野菜の美味しさ。おいしい野菜を選んだら、自然栽培やオーガニックにいきついたのだそう。

産地直送の珍しい旬の野菜が、素材の美味しさを最高に引き出す形で、全て鉄板で調理し提供されます。調味料にもこだわり、醤油は空豆を使ったグルテンフリーのもの、塩は沖縄のぬちまーすを使用。

そして驚くのが、98%ノンオイルのお料理だということ。

油たっぷりなイメージの鉄板焼きやお好み焼きが、ほぼノンオイル!嬉しいですよね。

豪快でダイナミック、”映え”とは無縁なビジュアルながらも、生命力あふれる野菜のカラーと食欲をそそる香りに、誰もが笑顔に。

ヴィーガンの場合は、コース(3,500円税別)でお願いするのがおすすめです。

その日おすすめの野菜を余すことなくいただけるこのコースは、ボリュームや味はもちろん、バランスがよく完全グルテンフリー。食べた後や、翌朝の身体の重さが全くないんです。


まずお通し。ここから胃袋をつかまれます。

生のトマトに、トマトだけをじっくり煮込んだペーストがのったWトマト。大根の酢漬け。シンプルにして最高に贅沢なおいしさ。


◇おくらとミョウガの梅からし醤油
夏を感じるみょうがのさわやかさ、梅の酸味のあとからくる辛さが、お酒にもとっても合う。


◇名物の玄氣のポテサラ(ちいたけ・秘伝豆・パプリカ・かぶ)
温かいポテトサラダってどんな?と思ったものの、おいしさに驚き。これは癖になります。是非食べてみてほしい。


◇ゴーヤと花びら茸のヴィーガンチーズ焼
ゴーヤの苦味と花びら茸、ヴィーガンチーズの食感とハーモニー。奥行き感がたまらない。


◇ゴールドラッシュと九重かぼちゃ、土ごぼうのキャロットジンジャーサラダ
とうもろこしやかぼちゃの甘さが引き立つように、生姜の香りのすりおろし人参と和えてあります。このお野菜の取り合わせ、他では食べられませんよね!


◇ジャンボマッシュルームとひかりレンコン、クレソンの実山椒焼き
シャキシャキれんこんと、ビッグサイズのおいしいマッシュルーム、クレソンの爽やかさを口内調味で楽しめるような一皿。


◇夏いちごとベビーリーフのお好み焼き
お好み焼きに苺!?噂のお好み焼きの作り方も見学させていただきました。熟練の手さばきが見ていて小気味よく美しい。


玄米・大和芋・米粉をつなぎにした、ベビーリーフたっぷりのグルテンフリーお好み焼き。苺の甘酸っぱさとソースの甘辛さ、豆乳マヨの酸味がこれまた絶妙。

トッピングには人参の素揚げと青のり。表面に玄米フレークを散らして焼き上げることで、香ばしさが加わりノンオイルなのにガツンとしたパンチとコクが感じられるんですね。

オーナーの発想とオリジナリティに圧巻です。


こんなに色々なオーガニック野菜をバリエーション豊かに、しかもヘルシーに美味しく食べさせてくれるお店は他にありません。


茶釜のおいしい湯で淹れるエチオピアの野生コーヒーやオーガニック大豆珈琲も最高においしい。〆のコーヒーも是非飲んでほしいです。

昼はご主人が惚れ込んだ天然酵母のパン屋さん「あつんこパン」


深夜まで営業する居酒屋を夫婦で営みながら、毎朝パンを焼く奥様。

天然酵母を使った、ふわふわでもちもちの美味しいパンがずらりと並びます。

昔懐かしい町のコッペパン屋さんみたいな店頭販売のショーケースには、べーグル・酒粕レーズンパン・こめっこさん・デーツチョコ・カレーパンやコロッケパンなど、懐かしい総菜パンも含め常時30種類くらいが並びます。

その中で、ヴィーガンのものは1/3程度。


上の写真はトルコの胡麻パンのシミット。

どれも美味しくてボリュームもあって、1つでも大満足。


こちらはコロッケパン。

お取り置きしておいてもらい、夜おつまみとして店内で頂くことも可能です。

但し、ランチに買いに来るファンも多いため、売り切れ御免です。

玄氣でしか味わえない料理と空間、ワクワクする時間を楽しんでほしい


玄氣の名前のとおり、元氣をいっぱい振りまいてくれる、料理担当・新野聡(にいのさとし)さん、ドリンク・スイーツ・天然酵母パン担当の奥様の宮武敦子(みやたけあつこ)さんにお話を伺いました。

”お父さん” ”かあちゃん”と呼び合う仲睦まじいお二人。

–お店オープンまでの経緯を教えてください。

お父さん「お店は2004年に創業。それまでずっと鉄板焼き屋で働いていたんだけど、ある時、意外にも鉄板焼きのメニューに野菜を使ったものがあまりにも少ないことに気づいたんだよ。

旬のサイクルが短い「野菜」という食材を生かしたい、と思って野菜に注目した独自の鉄板焼き屋を自分で開くことを決意したんだ。

何気なく散歩で通りかかって偶然見つけたのが、古民家物件のこの店。以前はおばあさんが1人で切り盛りする割烹だったというこの物件に、ピンと運命を感じて即決だよ!」

あつんこさん「大学の食物学科を卒業後、食品メーカーで働いていました。そこではコンビニが得意先で、コンビニフードのメニュー提案や調査が主な仕事内容でした。

いろんな制約がある中で提案メニューを考えることに息苦しさを覚え、いつか自分の好きなように考えて、納得のいく良いものを世に出せるような仕事がしたい、と漠然と思っていました。

最初は趣味で作り続けていたパンでしたが、友人に配ったり、飛び込みでカフェなどに置いてもらったりするうちに、パンで生計を立てることを決意。

私の焼くパンの大ファンであったお父さんとの出会いから、流れ流れて今に至ります(笑)」

–お店のこだわりは?

あつんこさん「とにかく美味しいものを美味しく!

かつ、空間も、うちでしか味わえないオリジナリティを大事に。そして、肉食の人もベジタリアンの人も、みんなで同じ空間を楽しめ、リフレッシュできる店づくりをしています。

また、全国各地の珍しい旬の野菜を、東京の人たちに美味しく楽しんでもらうことを心掛けています。

ヴィーガンメニューでは、野菜重視のものを提供しているので、自然に国内外のヴィーガンの方たちに来てもらえるようになって、2~3年前から出すようになりました。」


–お店のビジョンとおふたりの将来の夢を教えてください。

お父さん「世界中のいろんな人たちが、食の制限を超えて楽しめるお店にしたいね。お店が落ち着いて余裕ができたら、お好み焼きのファストフードのような、ライトなお店も2号店として出してみたい!」

ヴィーガンでオーガニックなお好み焼きのファストフード!是非作ってほしいです。


楽しい時間づくりの創生にも余念のないお二人。

年末には毎年恒例の「玄米のもち米でつくお餅つき大会」で、常連さんやご近所さんたちを楽しませてくれます。

お客様がお帰りになるときには、お二人で必ずお店の外でお見送り。そしてお決まりの寸劇?でもう一笑いさせたあと、姿が見えなくなるまで手を振り続けてくれる。

世知辛い都心で、古き良き昭和の時代を思い出せてくれるようなお腹も心も満たされる、心温まる時間を過ごせるお店です。

仕事の疲れやストレスを忘れ、玄氣で元氣に!

ぜひ訪れてみてくださいね。

Vegewel特典

この記事を見て、コース予約の上で来店された方限定で、すてきな特典をいただきました!

おひとりにつき1個、おまかせで天然酵母のあつんこパンをプレゼント!(2019年9月15日まで)

その場でいただくのも、お土産にして翌朝頂くのもOKです!

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

野菜居酒屋 玄氣の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Miyumi Chiba

Miyumi Chiba

KIJ公認マクロビオティックアドバイザー
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
沖ヨガ系ファミリーヨガインストラクターコース修了
豆腐&ビューティライフアドバイザー

マクロビオティックやヨガ、自然療法を学ぶ中、食べ方を変えれば心身や人生も変わることを実感する。

気候風土に寄り添った日本の穀菜食中心の食文化を現代にマッチした形で野菜や穀物を日常にもっと楽しく取り入れることを伝えるべく、ベジフード×ヘルスデザイナーとしてオリジナリティ溢れる楽しいベジフードの提案・提供や、心身健康でみんなが笑顔になるよう様々な発信や企画、食育活動をしている。

また、自身の長年の外資系企業での経験から、国際都市として普及を急務とする健康・環境・インバウンドのための選択肢としてのベジタリアン・フードに着目し、2013年にどこのレストランでもベジタリアン対応をと掲げ「Tokyo Smile Veggies」を立ち上げる。

2016年より「Vegewel」プロデューサーとしても活動中。