至福の精進料理とクラフト温泉♬「江之浦リトリート凛門(りもん)」で身も心もリフレッシュ!

相模湾の小田原市江之浦。JRの根府川駅に降り立つと、すぐ眼下には広い海が広がり、見上げれば豊かな緑と柑橘畑のある高台。

その高台に2021年6月20日にオープンした、健康を取り戻すウェルネスリトリートホテル「江之浦リトリート凛門(りもん)」。

江之浦の名前は“絵のように美しい海岸”に由来しているそう。

その江之浦を見下ろす絶景ポイントにあるホテルは、「フードロス」や「ゼロ・ウェイスト」にも取り組む人にも環境にもやさしい癒しの空間です。

こちらのホテルの日本料理ダイニング天地(あめつち)では、江之浦の気候風土と食材に向き合い、自然素材の味わいと特長を生かした素晴らしいヴィーガン料理がコースでいただけるとの噂を聞き、取材に行ってまいりました。

Reborn体験ができる癒し空間

健康と免疫をテーマに、天然木や土壁など日本の伝統建築にこだわったシンプルで洗練された建物。

薬石に温泉のエスプレッソとも言われる濃縮した温泉成分スチームで噴霧した世界初の天然クラフト温泉の温浴施設のLeFuro TOJI(ルフロ湯治)を完備した8室のみのセミプライベート空間。

さらに、オーガニックコットンの室内着とタオル、生態系を汚さないアメニティなど、隅々にまで配慮した設備が揃います。

建物からアメニティに至るまでこだわる凛門は、訪れる人がもReborn(生まれ変わったような)体験ができる、サスティナブルなリトリート施設です。


柑橘×発酵食品=江之浦キュイジーヌ「ダイニング天地」

ホテル内にある「ダイニング天地」では、自然の恵みからいただく食べ物すべてに感謝し、一品一品に万物への感謝を込めて、ていねいに食材に向き合い調理されています。

気候風土に合わせて作る、江之浦キュイジーヌ。

日本料理の研鑽を積んだ料理長の松本淳さんが、素材と向き合い、日本ならではの発酵調味料や伝統食材を生かした料理を提供しています。

松本さんは修業時代にいた伊勢志摩にあるアマン系ホテル「アマネム」で直面した、様々なお客様のニーズに対応した経験から、ヴィーガン、マクロビオティック、グルテンフリー、オリエンタルベジタリアンなどの料理を独学で学ばれたそう。

江之浦一帯で獲れる無農薬の野菜や柑橘類を中心に、松本さんの栃木の実家から届く旬の野菜や、伝統保存食などを組み合わせたイノヴェーティブな料理は、野菜を余すことなく使い、加工品は使わずに作られています。

この日にいただいたコース料理をご紹介。

美しく、目にもお口にも嬉しいサプライズの詰まった手の込んだ料理にときめく時間です。

器やテーブル演出も素晴らしく、五感に響く食のシーンが演出されることもあって、非日常を堪能できます。

嗅覚からのリラックスとお浄めとして使われる「塗香」が最初に共されます。

そしてこちらは、先附の「里山野菜のエスプレッソ」。

夏椿の葉の飾られた小さな器で提供されるのは、その日の料理に使われた野菜からとる濃厚な旨味たっぷりの無塩の滋養スープです。

そしてこちらが、芳味の「燻し下中玉ねぎの温薫ポテトサラダのミックスフリット」。

桜チップのスモークの香りと様々な味わいが口の中でハーモニーを広げてくれます。

9種の料理から成る箱膳。

こちらは、きんぴらごぼう、万願寺煮びたし、空心菜炒め、ズッキーニの漬物、レンズ豆の呉汁。

食事は、「土鍋炊き十六穀米ごはん」。

精進カレー。

そして最後は、お楽しみの甘味。

ヴィーガンチーズケーキ、醤油麹のショコラムース、すもも餡ジュレ、玄米かんぴょうかりんとうともりだくさん。

食とセットで内と外からケア&メンテナンス

至福のお料理を楽しんだ後は、ゆったりと温泉ミスト浴の「Le Furo TOJI(ルフロ湯治)」で、癒しの時間。

濃縮した温泉成分を気体化することで、有効ミネラル成分を効率的に体内に吸収することができのだとか。

30種類以上のミネラルを含む温泉ミストの噴霧される、薬石の敷き詰められた40℃ほどの室内にゆったり横たわり、心地よく身体を深部から温めます。

10分を目安に3セットほど。クールダウンの合間には、地元の無農薬レモンの入ったさわやかな温泉レモン水でミネラルと水分を補給します。

大浴場はヒノキ風呂と同じく温泉成分が含まれていて、心もからだもほかほか、すべすべに。

おいしいヴィーガン精進料理と、温浴で身も心も満たされる時間。コロナ禍で息苦しい今、こんなワンデイトリップは、とくにおすすめです。

都心から各駅停車の電車でも1時間半ほど。根府川駅までの送迎付きなので、車がなくても気軽にいけるのも嬉しいですね。

極上の寝具とくつろぎの部屋

今回、日帰りでの利用でしたが、お部屋も見せていただきました。

天然木がふんだんに使われ、落ち着く空間。広いベッドに客室のインテリアも隅々まで洗練されていて、このまま泊まりたい!と心から思いました。

どの部屋も明るく広い窓で、照明は間接照明で目にやさしく、足もとの木や琉球畳の感触もとっても心地よい。

人にも環境にもやさしいウェルネスリトリートホテル

最後に、オーナーの瀬戸ひふみさんに話を伺いました。

ー凛門のこだわりを教えてください。

「凛門の名前には、訪れる人の心身を癒して生き返るような場所となる願いを込めています

自然と環境を敬い、土地に根ざし環境にも人にも優しいウエルネスリトリートホテルを作りたいと思い、ようやくオープンにこぎつけました。

日本の伝統建築を重んじる建築家である父の設計に、私の理想と想いを乗せたホテルです。人々の幸せの源である「健康」のために、心とからだの両方を整えられる場所でありたいと思っています。

お水は秦野のおいしい水を使っており、7種のオリジナルハーブティや、5種のハーブバスをご用意し、お好みで選んでいただいています。

また、インテリアに融合し空気を汚さないパネルシェードを冷暖房に取り入れています。
パネルシェードとは、温水や冷水をパネル内に通して、その幅射で室内の温度を調整するもので、穏やかでとても心地よく、そして環境にも優しいものとなっています」(瀬戸さん)

格子状のパーテーションのようなフォルムもとても素敵です。エアコンの乾燥や風が苦手な私にとってもこれはとても嬉しく、自宅にも欲しいと思いました。

時間に追われずにゆったりと寛いでほしいというオーナーの思いから、客室には時計やテレビは置かず、他にもデジタルアイテムは最小限にしか置いていないそうです。(※WiFiはあります)

時と喧騒を忘れ、細胞から蘇る、そんな体験をぜひ!

店舗情報
江之浦リトリート凛門
住所 神奈川県小田原市江之浦218-1
電話 0465-27-3711
「ダイニング天地」
※朝食、ランチ、ディナーあり

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

【ダイニング天地】の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。