「ココナッツシュガー」の知っておきたい効果や栄養について!人気のヒミツとは?

ここ数年、健康を気づかう人の間で「ココナッツシュガー」が急速に広まっています。

ココナッツが原料の「ココナッツオイル」や「ココナッツミルク」と違い、ココナッツシュガーは果実からは採取されていません。

ココナッツシュガーの作り方、気になるカロリーや栄養価、ダイエットに使う際のポイントなど、ココナッツシュガーの魅力についてお伝えしていきます!

合わせて読みたい!ココナッツから摂れるココナッツミルクの記事はこちら
ココナッツは万能選手!「ココナッツミルク」の使い方を知ろう

合わせて読みたい!甘味料の知識記事はこちら
おコメ由来の自然な甘さ。体にやさしい甘味料「米飴」

ミネラル豊富でお腹にやさしいと言われるてんさい糖(甜菜糖)ってどんな砂糖?

ミネラルたっぷりって本当?サトウキビを煮詰めて作る「黒糖」

ココナッツシュガーとは?


日本で販売されている「ココナッツシュガー」は、主にフィリピン産やインドネシア産です。

ココナッツオイルやココナッツミルクなど、ココナッツの果実を使った食品が多い中、ココナッツシュガーの原料は、ココナッツの花の蜜が使われています。

蜜を採取するには、ココナッツの花が咲く前の「苞(ほう)」という部分を切る必要があるので、蜜を取ると花は咲かず、ココナッツの果実は諦めなくてはなりません。

そのためココナッツ農家は、ココナッツの果実を採取する農家と、ココナッツシュガーの原料の蜜を採取する農家とに分かれています。

採取したココナッツの花の蜜は、煮詰めながら糖分・成分を凝縮していきます。

高品質のココナッツシュガーは、薄めのブラウン色をしており、優しい甘さでクセの少ない味わいです。

ココナッツシュガーのカロリー・栄養について


ココナッツシュガーは、ミネラルが豊富な砂糖です。

カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄・リン・亜鉛など、健康な体を作るために必要なミネラルがたくさん含まれています。

他には、ビタミンB群・アミノ酸・食物繊維などの栄養素も。

気になるココナッツシュガーのカロリーは、100グラムあたり375kcal。

同じ100グラムで、他の砂糖と比較してみますと、上白糖384kcal・グラニュー糖387kcal・黒砂糖354kcal・てんさい糖390kcal。ご覧いただいて分かる通り、カロリーには大きな違いがありません。

ダイエットになぜ「ココナッツシュガー」が人気なのか、不思議に思われる方もいるのではないでしょうか?

GI値について、次に説明していきます。

ココナッツシュガーは低GI食品


GI値とは、食品に含まれる糖質が体内へ吸収される度合いを示したものです。

GI値が低いほど、血糖値が急激に上昇しにくいのです。

なぜ、血糖値の急激な上昇が良くないかというと、理由があります。

GI値が高い食事をとると血糖値が急激に上昇し、血糖値を下げるために体内からインスリンが分泌されますが、インスリンの働きには、「血中の糖分を脂肪に変える」というものがあります。

糖分が脂肪に変わることで、体内に脂肪がためこまれてしまうため、ダイエットには血糖値の急上昇を抑える食べ方が良いと言われているのです。

甘いものを食べると太りやすいと言われるのには、カロリーだけではない理由があるんですね。

ココナッツシュガーは、GI値が「35」という砂糖の中では大変低い値。

上白糖109・黒糖99・はちみつ88・メープルシロップ73などの糖類と比較すると、低GIというのが分かりやすいです。

ダイエット中や、血糖値を気にする人の間で、話題になるのも頷けます。

ココナッツシュガーの上手な使い方


ココナッツシュガーの栄養やGI値について知ると、ますます日々の生活に取り入れたくなります。

料理やお菓子、コーヒーなどの飲料にも気軽に使えるのが、ココナッツシュガーの良いところ。然で優しい甘さで、ココナッツ独特の風味やクセも少ないので、使いやすい砂糖と言えます。

料理に使うことに抵抗がある場合は、飲み物やお菓子作りからチャレンジしてみましょう。

ただし、GI値が低いからといって、摂りすぎには注意してください。

適度な摂取で、日々の生活に取り入れてみましょう。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

青木 加有子

青木 加有子

植物油で作る石けん・マクラメ教室主宰

ヘルシーでおいしいベジフードに目がなく、「体も心も喜ぶ食とは何か」を探求中。

料理好きが高じ、おからこんにゃくマイスター認定講師・米粉マイスター認定講師としての一面も。
認定資格講座も随時開催しています。

HP:https://uresitanosiya.net/