次のブレイクはここ!「ビーガングルメ祭り2019秋・東京」のおススメ&TiDANEFA(ティーダヌファ)ひらたまさこ先生インタビュー

入場者数は過去最高となり、即完売のお店が続出した前回の春の「ビーガングルメ祭り」。

いよいよ今週末、9月29日(日)に、木場公園で秋のビーガングルメ祭りが開催!

ヴィーガンの逸品が各地から集まり、市場の盛り上がりを毎回感じるこのイベントでは、話題の店舗が続々と初出店します。

今回は、その中でも東京会場のVegewelオススメ初出店店舗や、これからますます人気になりそうなお店をナビゲートします!

また、注目ブース・ココウェルで限定発売となるヴィーガン・グルテンフリースイーツ「TiDANEFA(ティーダヌファ)」をピックアップ!ひらたまさこ先生による、美しさすら感じる本格ヴィーガンフランス菓子をご紹介します。

ビーガングルメ祭り2019春のレポートはこちら!
過去最高の盛り上がりで完売続出!進化する「ビーガングルメ祭り2019春」を徹底レポ【木場公園】

毎回人気のあのお店の新作は?

【かるなぁ】


ビーガングルメ祭りで毎回1番人気のブース、ベジタリアン・ビーガン食材専門店かるなぁ。今回の新作は「チーズ入りキムチバーガー」!

精進キムチとヴィーガンチーズの組み合わせは王道です。前回は用意した8000食が全て完売しましたが、今回はその記録を塗り替えるのか!?今からワクワクです!

【Sakusakclier(サクサクリエ)】


まだ数が多くはない、ヴィーガンの生スイーツが数多く並ぶブース。

今回は「Vegan ミルクレープ」「バナナクリープパイ」など、まるであの有名店のようなスイーツが、もちろん卵・バターを使わずに再現されて店頭に並びます。

どこも気になる!話題のお店が勢ぞろい

【GREEN MONDAY(グリーンマンデー)】


寿司職人が握る、本格野菜寿司が初登場!普段はテイクアウトやデリバリーなどでしか食べられないので、この機会に食べて欲しいお店です。

「食材にこだわるのも、調味料から作るのも、すべては旨い野菜の寿司を作るため。」というだけあり、野菜の旨味が主役のお寿司が味わえます。


薬草茶やベジブロスで炊く特製シャリは、こだわりの野菜ネタの引き立て役!

メニューは「創作ヴィーガン寿司」「押し寿司セット」など、バリエーションも豊富です。

「精進鰻とスパイスライスの押し寿司」(写真)は特にオススメです!

【リトルッカ】


本場イタリアで修行した料理人2人による、SNSでも話題の本格ヴィーガンイタリアンが満を持して出店します!

ライターもお店に伺いましたが、お皿の上の華やかさはもちろんのこと、素材と素材の絶妙な組み合わせも楽しめるお食事でした。


気になるメニューは、リトルッカの「究極のカルボナーラ」。

現地で食べた本物のカルボナーラをヴィーガンで表現しています!

今までに味わった事のない、濃厚でほのかに香るスモーキーな香りをお楽しみください。

当日はかつて「パスタの神」と呼ばれたアーリーシェフがフライパンを振るうそうで、楽しみです!

他に、ジューシーカツサンドやオーガニックビールも販売予定です。

【ニコニコレストラン】


すべてのメニューが植物性100%、さらに五葷抜き!タイ出身のお母さんがオーナーの、本格的なベジタリアン・タイ料理の名店。

千葉・大網にある古民家のぬくもり溢れるお店は癒されます。


当日は、ニコニコレストランで一番人気!タイカレーが出ます。本場タイの味がヴィーガンで食べられる幸せな時間。ランチで好評なメニューもお弁当として出品しますよ。

【CHAYA macrobiotics(チャヤマクロビオティック)】


マクロビオティックレストランと言えば!皆さんお馴染みの、チャヤマクロビオティックですね。
意外にも、ビーガングルメ祭り初登場なんです。その場で食べられるヴィーガンカレーの他、こだわりの焼き菓子も販売予定です。

【SHIBUYA HIDEOUT(シブヤハイドアウト)】


渋谷センター街にあるベジタリアン・ヴィーガンブリトーが食べられる人気店。Vegewelでも取材し、一躍話題となりました。

生のおからやヴィーガンチーズの入ったボリューム満点のブリトーです。

以前の取材記事はこちらから。
渋谷のベジタリアン・ヴィーガン難民を救う、SHIBUYA HIDEOUT(渋谷ハイドアウト)

【ハイサイカフェ】


全国的にも珍しいヴィーガン沖縄そばが食べられるキッチンカー!

「100%植物性ビーガン沖縄そば」は、沖縄そばの概念を覆す、ベジフェスでも人気のメニューです。沖縄そばの出汁には必要不可欠なかつおと豚を一切使っていません。

こだわりの野菜の出汁に、がじゅまるの木や島マースを加えた麺をあわせた、唯一無二の逸品です。

Vegewelの一押し!ビーガンスイーツが勢ぞろいCOCOWELL(ココウェル)


本場フィリピン産にこだわったココナッツ製品を豊富に取り揃えるココナッツ製品専門店。

中でも、天然石灰と活性炭で精製した無臭のココナッツオイルはヴィーガンスイーツ作りに人気で、多くの有名店・パティシエから愛されています。

ビーガングルメ祭りでは、ココナッツ食品を使ったヴィーガンスイーツが大集合!

表参道の人気ヴィーガンレストラン「Restaurant 8ablish(レストランエイタブリッシュ)」のクッキーや、グルテンフリー スイーツの先駆け、「ココナッツドリーム」のビスケットなどが勢ぞろいします。

普段はレッスンに行かないと食べられない、超人気ヴィーガン・マクロビオティックスイーツ講師TiDANEFA(ティーダヌファ)のひらたまさこ先生のスイーツも並ぶということで、完売必至になる予感が!

元製菓学校講師が作る本格ヴィーガンフランス菓子!


ミルフィーユ(写真・ヴィーガン )にサントノレ、パリブレスト、卵・バターなしでは作れないと思っていたメニューを次々とヴィーガンで生み出しているひらたまさこ先生。

ティーダヌファは初心者からプロのパティシエまで通う、ヴィーガン・マクロビオティックスイーツの教室です。

バター・卵を使わないとは思えない確かな美味しさは一度食べた人を虜にしています。

アレルギーのお子さんからも、「こんなに美味しいお菓子初めて食べた!」と、嬉しい声がたくさん届いています。

子供の頃は体が弱くて、生まれつきアレルギー体質でもあったひらた先生。母親は体のことを考え、食事もおやつもすべて手作りだったそう。そんな母親のおやつ作りをお手伝いするのが好きで、それが今の活動の原点になっているそうです。

その内に、ひらた先生は華やかで歴史のあるヨーロッパのスイーツ、特にフランス菓子に心を惹かれていきました。


(写真・サントノレ・ヴィーガン )

ひらた先生がヴィーガンスイーツを本格的に作るようになったのは9年前。

製菓学校への就職面接の際、理事長に「これから社会に出ていくパティシエ達には、アレルギー対応できる力が必要なの。あなた、その指導をしてみない?アレルギー持ちの気持ちが分かるあなたにこそやって欲しいの」と提案があったそうです。

自身だけではなく、ひらた先生の周りにもアレルギーのお子さんを持つお母さんが多かったこともあり、その一言をきっかけに研究を始めたそうです。


(写真・タルト・オ・ショコラ。ヴィーガン ・グルテンフリー )

ひらた先生のヴィーガンスイーツには、圧倒的な美しさと、バターや卵を使ったスイーツと遜色のない味わいがあります。

アレルギーの子専用のお菓子では、その子に孤独感を感じさせてしまう。そうでなく、健康な人でも美味しいと感じ、みんなで一緒に食べられるものをと常に考えながら作っているそうです。

ただ美味しいだけではなく、材料選びにはマクロビオティックの考え方も取り入れながら、体への負担が軽くなるよう考えているそう。


(写真・フォレ・ノワール。ヴィーガン・グルテンフリー )

ひらた先生のお菓子は常に進化を遂げ、今はグルテンフリー、特にソルガム(たかきび粉)に着目し、さらに健康を意識したものへと変化しています。

ソルガムとは、ミネラルや食物繊維が豊富で抗酸化作用を持つとして、注目の食材です。

「材料を選ぶ時に、選択できるのであれば栄養素が高いものを選びたいと思いました。

また、グルテンフリーでよく使われる米粉よりも、小麦のお菓子とあまり変わらず使えることや、種類によってレシピが変わってきてしまうことが少ないので、生徒さんが作りやすいようにという理由もあります。」


今回のビーガングルメ祭りでは、グルテンフリー・ヴィーガンの焼き菓子が個数限定販売されます。

リンツァーシュニッテン(写真)は、オーストリアの伝統菓子リンツァートルテを四角く作ったもの。スパイスが利いたナッツたっぷりの生地に、ラズベリージャムの酸味がアクセントになっています。


「キャラメルナッツバー」(写真左)は、ギリギリまで焦がしたキャラメルに5種類のナッツをたっぷり混ぜ込んで、ザクザクのサブレと重ねました。意外にくどくなく後を引く美味しさです。

「ティグレ」(写真右)は、しっとりした生地に入れたチョコレートチップが虎斑のように見えることからついた名前のスイーツ。中央のくぼみにガナッシュを流すのが特徴で、今回は抹茶生地にラズベリージャムを合わせました。


「奇をてらったものではなく、今まで私がケーキ屋さんに行って美味しそう!って思って慣れ親しんできたお菓子や、自分が作り続けてきたスイーツを、見た目も美味しさも変わらずにヴィーガンで作り続けていきたい」というひらた先生(写真)。

先生のレッスンには、全国から生徒さんが集まり、みなさん真剣にプロの技を学びます。

実はライターもレッスンに参加させていただいたことがあり、お会いする前は丁寧に作られているスイーツを見て、「ストイックな方なのかな?」と思っていました。

ところが、全然そんなことはなく、レッスン中にはひらた先生のお茶目な一面がたくさん見え、生徒さんと共に和気藹々と受講することができました。

ご自身の経験があるからこそできる、体の健康を考えた、安心・安全で上質なスイーツ。

めったに食べられないティーダヌファのスイーツを食べられる貴重な機会!29日はビーガングルメ祭りへGOですね!

ビーガングルメ祭りの詳細はこちらから。
https://vegefes.com/

ひらたまさこ先生プロフィール
子供のころからお菓子作りが好き。20代中ごろからフランス菓子研究家 大森由紀子氏のアアシスタントとなったのを機に、フランス菓子にのめり込む。

30代前半、パリへ短期留学。リッツ・エスコフィエ・パリ料理学校で製菓ディプロムを取得後、三ツ星、二つ星レストラン、製菓店で修業後帰国。

しかしアトピーが激しく悪化し、お菓子の仕事は断念。療養に入る。

40代前半、製菓専門学校への就職を機に、食物アレルギーを配慮した洋菓子研究に着手。

2013年4月TiDANEFA(ティーダヌファ)を立ち上げる。

「誰もが一緒に同じスイーツを食べられて、『美味しいね』の笑顔が溢れる、そんな場をこの世の中に一つでも多く作り出すこと」を基本理念として、活動を開始。

食習慣や好み、食制限などの違いを超えて楽しめるスイーツは、きっと世の中の潤滑油になる。そう信じて、そんなスイーツを広める仲間たちを増やしていくべく、自宅にてマクロビオティックスイーツの教室を主宰。

知識や技術を基礎から理論的に学べるコース制の講座をはじめ、各人のニーズやレベルに合わせた様々なスイーツ講座を実施している。その他、外部での講師も多数。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

ヴィーガン専門として初のフードアナリスト®︎、フリーライター。体調不良をキッカケに10年以上前にヴィーガンとなる。

「食のバリアフリー」を広げるWebマガジンVegewelを中心に、ベジの名店や食制限に取り組む企業・料理家の取材記事を紹介。全国自ら足を運び、街のカフェからミシュラン掲載店まで幅広く案内することで定評がある。また、保育士・幼児食インストラクターとして親子向けヴィーガンスイーツ作りも行う。

WORK
2018.11
TV出演。日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」ティーンに人気のヴィーガンモデルで、俳優の城田優さんの妹「LINA」さんにインタビューした様子が放送されました。

2018.8
チバテレビ「ジャルっと爆ハリ」でお笑いコンビジャルジャルさんとヴィーガンスイーツレッスンを受ける様子が放送されました。