浅草でヴィーガン天丼!みんなが楽しめる食事。THE FARM CAFE(ザ・ファームカフェ)【浅草】

昨年10月、銀座線浅草駅5番出口から徒歩1分の隅田川沿いに、ヴィーガンカフェ「THE FARM CAFE(ザ・ファームカフェ)」がオープンしました。

こちらのカフェはゲストハウス「宴(えん)」の中に入っています。10:00から15:00までの営業です。

THE FARM CAFEの場所や詳細な情報はこちら

天然木とセンスのいいインテリアで時間を忘れるリラックス空間


店内には天然木を使ったテーブルが置かれ、植物が飾られていてとてもリラックスできます。

窓からはスカイツリーが見えます。これからの時期、桜を見ながら食事をできるなんて素敵ですね。

また、前の道は人力車のコースになっていて、着物レンタル店も近く、浅草らしい景色も見られます。

オリエンタルベジタリアンからハラル対応まで。みんなが食べられるヴィーガン料理。


THE FARM CAFEの料理は、添加物なし・GMOフリー・砂糖不使用・トランス脂肪酸なし・ハラル対応。

ファラフェルとフムス以外のメニューは、玉ねぎ・ニンニクなどの五葷を抜いたオリエンタルベジタリアン仕様です。

さまざまな食のポリシーの人達が、一緒に食事をすることができます。たくさんのメニューがあり、いろいろ選択できるのは嬉しいですね。

やっぱり日本に来たら日本料理が食べたい。一番人気の天丼。


一番人気は、サクサクひよこ豆の衣の天丼。しょうゆベースの天つゆをお塩に変更すればグルテンフリーで天ぷらが食べられる、貴重なメニューです。大サイズ税込1,380円、中サイズ税込980円。

浅草エリアということもあり、お客様は外国人も多く、特に観光客は、ヴィーガンやベジタリアンであっても、「やはり日本に来たからには日本料理が食べたい」と、天丼を注文する人が多いそうです。

サクサク衣の野菜天ぷらは、季節によって内容が変わります。今は、たらの芽やふきのとうなどの春野菜が旬。


使っている揚げ油は無臭のココナッツオイル。独特のココナッツの香りがかなり抑えられ、苦手な人でも安心です。

何よりいい油で揚げられた天ぷらはサクサク感が持続します。もちろん温かいうちに食べてくださいね。

ご飯には刻んだ人参が入っています。これにはナチュラルハイジーンの要素を取り入れているのだとか。ココナッツオイルで揚げると特に人参の甘みが引き立つそうで、美味しかったです。

フライドポテト・ファラフェルなども同じ油で揚げているので、カラッとさっくり仕上がっています。このオイルは店内で購入可能です(税込1,500円 アルカピア)。

ここでしか食べられない料理の数々と、どれにしようか決められない!を叶える超贅沢ランチプレート。


浅草といえばお祭りが多いので、テイクアウトで食べられる料理も人気です。

持ち帰り専用「東京ふぁらふぇる」はその形が特徴。ドーナツ型で串に刺さっており食べやすいです。桜祭りの時はちょっと形は変わるそう。是非食べてみてくださいね。2つで税込300円、3つで税込400円。


近所の「Manufacture(マニュファクチュア)」というパン屋さんから、店頭では売られていないフォカッチャを仕入れて作ったファラフェルバーガー(税込1,290円)。

ファラフェルたっぷり、タヒニソースもたっぷりでボリューム満点です。1つでお腹がいっぱいになります。

オリジナルタヒニソースはソイミートの唐揚げにもかかっています。唐揚げは日本人、外国人問わず人気です。


デザートは、ヴィーガン&ロースイーツパティシエ長玉美(チャン オンミ)さんに依頼して、THE FARM CAFE用にアーモンドミルクアイスクリーム(税込890円)を作ってもらっています。味は抹茶とバニラの2種類に加え、期間限定フレーバーがあります。

その他、イチゴパフェ・酒粕豆乳ココア風ムースなども。


色々食べたい方にはランチプレートがオススメ。メニューが選べるので毎日来ても楽しめます。

選べる料理3種類とごはんかパンで、税込1,620円。選べる料理4種類とごはんかパンで、税込2,160円。

ファラフェル・天ぷら・カレーライスと迷う方が多く、ちょっとずついろんなメニューを試したい方に最適なメニューです。特にカレーを選ぶ方が多いそうです。

英語の表記があるので、外国人にもわかりやすいです。


乳酸菌発芽させたフラックスシードはサクサクで、サラダのトッピングやそのままおやつに食べても美味しいです。税込500円(ナッシェル)。

お客さんに喜んでもらいたい。食を通して浅草を活性化。


責任者の須田さんは、2年前ナチュラルハイジーンと出会い、自身の体調が良くなったことから、ヴィーガンに転身。

以前はヨガ・ダイエットトレーナーをしていましたが、従来のダイエットの指導をする中で、どうして同じ方法、食事のバランスを整えても痩せない人がいるのだろうと疑問を持っていた中で、ナチュラルハイジーンに出会って解決したそうです。

個人・店舗向けに食事のアドバイスをしていたのをきっかけに、THE FARM CAFE で野菜のメニューを考案、指導し、去年10月に責任者となり、ヴィーガン専門店としてお店をリニューアルオープンしました。

須田さんは、

「ヴィーガンの方、観光客の人に日本の食を楽しんでほしいんです。ヴィーガンじゃない人にも美味しい、体にいいという入り口から入ってほしい。完全なヴィーガンではなくても、ヴィーガンを一人でも多くの人に知ってもらいたいです。」

と話します。また、お客さんとの会話や関わり、喜んでもらえることが嬉しい、料理することが楽しいんです、と話す、笑顔の素敵な女性です。

現在は同じ浅草のヴィーガンカレー屋「PQ’s」と一緒に浅草のヴィーガンコミュニティーを広げています。

今後は、ヴィーガンチーズを作ったり、おでんなどにも挑戦したいとのことです。他の飲食店のサポートも続けて、浅草の活性化にも貢献していきたい、外国人の多い浅草を、ヴィーガンで盛り上げていきたいと語られていました。

荷物預かりからお祈りまで、何でも揃ってるゲストハウス。

ゲストハウス「宴」では、宿泊は1日1組(最大8人まで)だけなので、プライベートな滞在を楽しめます。

施設はとても便利で、荷物預かり・携帯充電も。2階にはワークショップを行う貸しスペースや、イスラム教のお祈りスペースもあります。足を洗うところまであるんです。


他では買えない日本のお土産も売っています。売り上げの一部が食料・教育支援などに寄付される磁石のついたロケットストラップ「 墨丸 」が人気のようです。

帰りにパンと野菜を買って帰ろう。「Manufacture(マニュファクチュア)」


フォカッチャを仕入れている無添加のパン屋さんManufactureにも行ってきました。

おしゃれな店内では野菜も売っています。THE FARM CAFEでは、ここから野菜を買うこともあるそう。その大きさにびっくりしました。

スーパーではまず見ない巨大なブロッコリー・カリフラワー。値段がなんと200円代と破格。毎日通いたいです。

3月21日から4月7日までは浅草の桜祭りがあり、その期間中は外にお店を出す予定とのこと。皆さん行ってみてくださいね。朝の時間帯が比較的空いていてオススメですよ。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

THE FARM CAFEの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

おすすめのギルトフリースイーツ


マクロビバターサンド【瀬戸内産清見オレンジ】


アガベシロップと国産果実のゼリー【もも】


インカベリーバー【ココナツ&アーモンド】


おからのかりんとう【黒糖】


デーツクラウン クナイジ種 250g


トミィミューズリー【ヘーゼルナッツ&カカオ】

このほか、プラントベース食品のオンラインショップVegewel Marchéでは50種類以上のギルトフリースイーツをご用意しています。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください!

清水えみこ

清水えみこ

農業高校野菜部出身の元花屋
日本語教師
環境・健康・教育業
自然と旅行が大好きです