会員限定
梅雨を快適に過ごす工夫/梅干し・梅酢で爽やかに~しあわせこよみごはん~

6月6日から夏至(2018年は6月21日)までは、二十四節気では「芒種(ぼうしゅ)」にあたります。

稲や麦などのイネ科の植物の先端にある棘のような突起がある部分のことを「芒」と言うことから、芒種とは稲や麦などの種蒔きに適した時期、という意味があります。

紫陽花が咲き、カマキリや蛍が現れ始め、梅の実が青から黄色へと色づく頃。初夏らしさから蒸し暑さを感じる時期となり、梅雨入りもする頃です。

全国各地で梅雨入りをしましたね。約1ヶ月半に及ぶ梅雨。普段と同じように生活をしているのに、梅雨の時期はなんだか体調が優れないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

五十嵐有希

五十嵐有希

リマクッキングスクール師範科修了
KIJ レベル1修了
一般社団法人内臓マッサージ協会認定セルフチネイザン講師、チネイザンマスターコース修了、カッサセラピスト
全米ヨガアライアンス200時間修了
Under the light認定ヨガインストラクター
経絡YOGA指導者

ヨガを通してマクロビオティックに出会う。食が体だけでなく心もつくることを実感し自然に寄り添う生き方や日本の伝統的な文化を大切にしたいと思うようになる。脱ステロイドによる皮膚炎を克服し、マクロビオティックを学ぶ中でチネイザン(氣内臓)に出会い、内臓へのアプローチで心身の安定や人生の巡りが良くなることを実感。対個人のチネイザン施術やセルフチネイザンを伝えるワークショップを通して幸腹(こうふく)を分かち合う活動を行っている。ヨガの指導、マクロビオティック普及を目的としたResetプロジェクトのメンバーとしても活動中。