会員限定
冷えや子宮のケアに。「蕎麦の実」を使ったレシピ~しあわせこよみごはん~

身体を温める、蕎麦の実をつかったおかずレシピを2品ご紹介します。

1品目は、蕎麦の実のミートボール風。お肉は入っていないのに、まるでお肉のようなこちらのレシピは、お子さんが美味しくいただけるのはもちろん、お酒のおつまみにもぴったり。

マクロビオティックでは、蕎麦はとても陽性で身体を温めると同時に、バランス的な観点からも、陰性なお酒と合わせるのに適していると言われているんです。

2品目は、季節野菜の蕎麦の実あんかけ。

根菜の美味しい季節です。蒸したかぶ、かぼちゃやふろふき大根に、蕎麦の実のプチプチの食感が楽しくおいしいあんかけをかけて。

たんぱく質が豊富で陽性な蕎麦の実は、陰性なお野菜と一緒にいただくとバランスのよいおかずになります。フライパンで焼いた厚揚げなどにかけてもおいしいですよ。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。