会員限定
冷えや子宮のケアに。「蕎麦の実」を使ったレシピ~しあわせこよみごはん~

身体を温める、蕎麦の実をつかったおかずレシピを2品ご紹介します。

1品目は、蕎麦の実のミートボール風。お肉は入っていないのに、まるでお肉のようなこちらのレシピは、お子さんが美味しくいただけるのはもちろん、お酒のおつまみにもぴったり。

マクロビオティックでは、蕎麦はとても陽性で身体を温めると同時に、バランス的な観点からも、陰性なお酒と合わせるのに適していると言われているんです。

2品目は、季節野菜の蕎麦の実あんかけ。

根菜の美味しい季節です。蒸したかぶ、かぼちゃやふろふき大根に、蕎麦の実のプチプチの食感が楽しくおいしいあんかけをかけて。

たんぱく質が豊富で陽性な蕎麦の実は、陰性なお野菜と一緒にいただくとバランスのよいおかずになります。フライパンで焼いた厚揚げなどにかけてもおいしいですよ。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

Miyumi Chiba

Miyumi Chiba

KIJ公認マクロビオティックアドバイザー
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
沖ヨガ系ファミリーヨガインストラクターコース修了
豆腐&ビューティライフアドバイザー

マクロビオティックやヨガ、自然療法を学ぶ中、食べ方を変えれば心身や人生も変わることを実感する。

気候風土に寄り添った日本の穀菜食中心の食文化を現代にマッチした形で野菜や穀物を日常にもっと楽しく取り入れることを伝えるべく、ベジフード×ヘルスデザイナーとしてオリジナリティ溢れる楽しいベジフードの提案・提供や、心身健康でみんなが笑顔になるよう様々な発信や企画、食育活動をしている。

また、自身の長年の外資系企業での経験から、国際都市として普及を急務とする健康・環境・インバウンドのための選択肢としてのベジタリアン・フードに着目し、2013年にどこのレストランでもベジタリアン対応をと掲げ「Tokyo Smile Veggies」を立ち上げる。

2016年より「Vegewel」プロデューサーとしても活動中。