会員限定
腸を整える食材がたっぷり。寒い日に作りたい、根菜の葛とじうどん~しあわせこよみごはん~

いよいよ涼しい日~寒い日が増えてくる季節です。

ちょっと冷える朝や夜には、体を温めてくれる汁物が恋しくなりますね。

今回ご紹介するレシピは、「根菜の葛とじうどん」。

葛には体を温める作用もあり、この時期特に摂りたい食材の1つです。また、精神を安定させてくれる効果もあるので、食べるとほっとリラックスすることでしょう。

腸に溜まった油脂を分解してくれる大根ときのこ、腸のお掃除役である根菜やこんにゃく、腸の粘膜をうるおすサトイモなどを入れた、具沢山で満足感のある一品です。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

清野利佳

清野利佳

リマクッキングスクール師範科修了
アンダーザライトヨガスクール ティーチャートレーニング、ホリスティックフードトレーニング修了

新潟の温泉宿で生まれ、湯治文化の中で育つ。
自然や食を大切にする母の影響でマクロビオティックと出会い、食と体と心のつながりを深く実感。
また、マクロビオティックを実践する中でヨガと出会い、体と心、生き方が軽やかになる感覚を体感する。
自身の心身の変化を通じ、食の大切さや面白さを大きな視点で伝えたいと、日々学び、活動している。