注目のヴィーガンモデル・LINAさんの限定コラボヴィーガンメニューが登場!【ラ・プティ・メルスリー新宿店(la petite mercerie)】

日テレ系「人生が変わる1分間の深イイ話」でヴィーガンになったきっかけが紹介され、多くの共感を呼んだモデル・ライフスタイルクリエイターのLINA(りな)さん。

東京ガールズコレクションで初共演した、兄で俳優の城田優さんや、スペイン生まれのぶっ飛びお母さんPepi(ぺピー)さんといった、仲の良いご家族の様子も度々メディアで取り上げられ、話題となっています。

「LINAちゃんのヴィーガン料理はどこで食べられるの?」と声が上がっていた中、「ラ・プティ・メルスリー新宿店(以下、メルスリー)」で、4月1日〜4月30日限定のコラボメニューが始まることになりました!

可愛くて美味しい、そして環境・動物にもやさしくありたい。そんなLINAさんの思いがたくさんつまったメニューをインタビューと共にご紹介します。

以前のインタビュー記事はこちら
城田優の美人妹・ヴィーガン人気モデルLINA登場!限定ユニットでヴィーガン1day CAFEを開催

ヴィーガンという選択肢が意識を変えるきっかけに。


オリジナルヴィーガンレシピ本を出版したり、ヴィーガンカフェで腕をふるっていたLINAさん。

カフェとのコラボは今回が初めてということで、

「実際にいろんな方が食べるので、自分にとってもチャンスなのと同時に、とっても責任感を感じて、毎日試作しました。ここで、ヴィーガンはこういうものだと判断されてしまうかもしれないので。」

と、緊張とワクワクの両方の表情を見せてくれました。


今回コラボするメルスリーは、アントワープの路地裏に佇む小さな手芸工房をテーマにした、かわいいカップケーキが人気のお店です。

新宿という土地柄、海外のお客様が多いことや、アレルギーの増加から、ヴィーガンメニューの有無を確認する声が増えていました。

時代の流れが変わり、ゆくゆくはお店でも挑戦したいと思っていたところ、LINAさんとの出会いがあり、コラボメニューの実現となりました。

春の訪れ、ワクワクが溢れ出る3メニュー


「誰が見てもカラフルで、『面白い!これは何だろう?』と、使われている食材やその味も想像ができないものにしたかった。口と心と目で楽しめる、プレートとカップケーキです。」(LINAさん)

今回のコラボメニューは全てヴィーガン・グルテンフリー・白砂糖・化学調味料不使用。

写真は「LINA`S spring vegan plate」1,500円(税込)。

ココナッツとビーツのフムス・アンチョビ風ブロッコリーマリネのロースト・シナモン風味のサツマイモスティック・スパニッシュオムレツなどなど盛りだくさん。

ひよこ豆粉と米粉のパンケーキはマフィン型で焼き、可愛らしいサイズに仕上がっています。


中でも注目は「テンペのチョリソー風」。隠し味にたまり醤油を使用しています。

LINAさんの第2の故郷でもあるスペインの家庭料理「ボカーディージョ(スライスされたチョリソーをフランスパンに挟んだサンドイッチ)」をイメージしました。

パンケーキにアボカドを塗って、周りの具材と合わせて食べるのがおススメとのこと!


カップケーキ2種類は、共にソイフリーにも対応。アーモンドミルクの濃厚なコクで、卵・バターを使用しなくても満足感のある仕上がりになりました。

まずは、「ベリーココナッツクリームトライフル」700円(税込)。

メルスリーにある人気定番商品のショートケーキをヴィーガンにアレンジ。

ホイップクリームの代わりに、ココナッツだけで作ったクリームが使われ、シンプルでとても軽やか!フレッシュなイチゴの甘酸っぱさとメイプルシュガーでほのかな甘さを感じます。


「ココナッツ香る♡スイートポテトクリームのカカオカップケーキ」700円(税込・写真左)

可愛らしいお花はスイートポテトココナッツクリーム。甘みはサツマイモのみ、ココナッツの濃厚なクリーミーさと合わさった新感覚クリームはオススメです!

さらに注目はピスタチオクリームチョコボール。ピスタチオペーストを贅沢に使い、デーツ・ナッツと組み合わせたもので 、LINAさんオリジナルのダークチョコレートでコーティングされています。

ひよこ豆粉とオートミールでつくったスポンジや、バナナとナッツの食感も楽しみながらいただきます。

食の力は人を変える!


(写真右・メルスリーを運営するPSCOOP店舗推進室マネージャー松浦さんと、写真左・商品開発ディビジョン パティシエの菊地さん。)

今回のコラボが、お店が変わるタイミングになったという松浦さん。

「ヴィーガンのカップケーキだと、食べた後にもう1個いける!?と思ってしまう。美味しいし驚きの出会いです。皆さんに体感してほしい。」と語ります。

パティシエの菊地さんも、「もっと植物性で試したいので、もっと時間が欲しいです!」と、意欲を見せています。


今まで身近ではなかったヴィーガンでしたが、LINAさんと話し合う中で、環境のことなどを考えるきっかけにもなったそう。

例えば、通常のカップケーキはプラスチックの器に入れていますが、LINAさんが環境保護のためにビンにいれてた試作を見て、それがそのまま採用になったのだとか。

「環境・動物・人間、全てに優しくという、私が大切にしたいポリシーの全部を包み込んだ商品になったので嬉しいです。

みんなに共通しているのは、『人間でこの地球に住んでいる』ことです。地球を大切にし、動物を思いやり、自分・人間を大切にすること。この3つに関わってない人はいないですよね。」(LINAさん)


リナさんのファンからは、「ヴィーガンに興味があるので、家族と一緒に食べに行って、話を聞いてもらうきっかけにしたい」、「摂食障害だけど、自分へのチャレンジとして食べにいく!」などの反響があり、皆さんいろいろなストーリーを持つ中で興味を持ってくれているそうです。


「ヴィーガンじゃない人にも、選択肢の一つとして提案することで、『なぜヴィーガンの人はこの選択をして、なぜ健康や環境にいいと言われているの?』と、意識するキッカケになって欲しいです。

自分がチョイスして消費したものは、どんな小さな選択でも積み重なって社会のシステムへの投資につながる。私たちは生きているだけでそれほどのパワーを持っています。そして、それは自分の体にも、環境にも影響している。

自分が何を大切にして、どんなライフスタイルにになっていきたいのか、ヴィーガンを通してすこしでもプラスの気づきをもってもらえたら。」(LINAさん)

ルミネエストは平日は22時まで営業していますので、お仕事帰りの方も期間内にぜひ行くしかないですね!

LINAプロフィール
摂食障害と鬱をきっかけに、愛を原点としたサステナブルな生き方(人間・社会・地球環境の持続可能な発展)VEGANライフスタイルに出会う。

以来、環境・動物・健康について幅広い視点からVEGANを学び、未来への希望と生きる喜びに目覚める。

“世界の調和と地球を守る為に今自分が尽くせるベスト”をモットーに、近年ではモデル活動と共にVeganオリジナルレシピ電子書籍集をはじめとする同じ地球に生きる一つの命として、”様々な選択肢の存在”を意識して頂けるキッカケの一歩に近付けるようポジティブな発信に取り組んでいる。

2015年『THE NEXT ASIACROSS MODEL AUDITION 2015』審査員特別賞受賞。
2017年Veganレシピ集電子書籍『Sweet your soul』、第2弾『Nourish your soul 』
出版。
2018年TOKYO GIRLS COLLECTION出場。

Instagram :@lina3336
Online shop:https://loveforall.official.ec/

ラ・プティ・メルスリー
http://pscoop.jp/lpm/

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

ヴィーガン専門として初のフードアナリスト®︎、フリーライター。体調不良をキッカケに10年以上前にヴィーガンとなる。

「食のバリアフリー」を広げるWebマガジンVegewelを中心に、ベジの名店や食制限に取り組む企業・料理家の取材記事を紹介。全国自ら足を運び、街のカフェからミシュラン掲載店まで幅広く案内することで定評がある。また、保育士・幼児食インストラクターとして親子向けヴィーガンスイーツ作りも行う。

WORK
2018.11
TV出演。日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」ティーンに人気のヴィーガンモデルで、俳優の城田優さんの妹「LINA」さんにインタビューした様子が放送されました。

2018.8
チバテレビ「ジャルっと爆ハリ」でお笑いコンビジャルジャルさんとヴィーガンスイーツレッスンを受ける様子が放送されました。