本格ヴィーガン生食パンとハイボリュームデリが楽しめる「LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEAST」

最近、巣ごもりで自宅で料理をするようになり、器の魅力に気づき始めてきたLioのまさとです!

今回はリニューアルオープンした「LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEAST」をご紹介します。

西早稲田でパン職人のお母さんとパティシエの娘さんが手作りするパンとスイーツのお店「LA VIGNE AKIKO」と個性あふれるベジタリアン・ヴィーガンレストラン「VEGETARIAN BEAST」が業務提携を結び、新たに「LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEAST」として目白にリニューアルオープンしました。

同店では本格ヴィーガンパン、スイーツだけではなく、ヴィーガンデリなども楽しめるとのことで、実際に行ってみました!

目白駅から徒歩3分の好立地

LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEASTは山手線の単独駅である目白駅から徒歩3分のところにあります。

道路沿いにあるため、初めての人でもわかりやすい立地です。

店内はモノトーンのコントラストが落ち着いた雰囲気となっていて、カウンターとテーブルで料理を楽しむことができます。パープルの椅子が個性的で、海外のおしゃれなお店みたいですよね。

店頭にはLA VIGNE AKIKOのできたてヴィーガンパン&スイーツがズラリと並んでいます。日常でよく食べる食パンもヴィーガン対応になっているので嬉しいですよね。

パンの種類も豊富でどれにしようか迷ってしまいますが、あれこれ選ぶのも幸せな時間ですよね!

LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEASTで扱っているヴィーガンパンは生地からすべて手作り。

卵・乳製品・白砂糖不使用、国産とオーガニックの小麦粉使用、野生酵母・生のパン酵母など素材にこだわり、ここでしか食べることのできないヴィーガンのパンが楽しめます。


業界でも珍しい! ヴィーガン高級生食パン

老若男女問わず巷で人気の「生食パン」。生食パンとはトーストしなくても美味しい食パンの一種です。生食パンの特徴は、生地に生クリームなどが使われて濃厚な味わいで、焼かずに食べても食感がやわらかいのです。

同店ではこの生食パンがなんとヴィーガンで再現され、きっと業界初に違いありません。

見てくださいこのやわらかさを……!びっくりするほどふわふわ、やさしい弾力感が赤ちゃんのほっぺみたい!

袋を開けたときに広がる小麦のいい香り。そして何もつけなくてもパン自体がほんのり甘く、おいしさが口の中にひろがります。夢のような食感と味わいをそのまま楽しんで欲しいです。

生食パンはやわらかさを出すのが難しく、長い間研究を重ねて、ようやく完成したそうです。

一度食べると本当にやみつきになるヴィーガン生食パン。毎朝食べたい!

外はサクッ、中はトローリ! 魅惑のヴィーガン・アップルパイ

写真からでも伝わるきれいな艶のヴィーガンアップルパイ!

もうひとつの新作のアップルパイをいただきました。すると焼きたてのアップルパイは小麦とメープルの甘い香りが広がっていました。

噛むとりんごの優しい甘さが口の中に広がります。バターや白砂糖を使っていないため、後味も軽く優しい味わいが特徴です。

そしてパイの生地が本当に美味しいんです。バターを使っていないとは思えない、サクサク感があります。ちなみにこのパイ生地の層とサクサク感出すのが1番苦労した点だそうです。

ニュースリリースはこちら

3種類のバナナをたっぷり使った極上のバナナブレッド

こちらのは、「味を出すためのバナナ」「しっとりさを出すためのバナナ」「香りを出すためのバナナ」の3種類のバナナを1本当たり約7本使用している極上のバナナブレッドなんです!

バナナ本来の甘さを引き立たせるために、甘味にはメープル・てんさい糖などが控えめに使用されています。

味はプレーンとチョコの2種類です。

チョコフレーバーにはオーガニックのクーベルチュールのチョコレートをふんだんに使用。チョコレートの甘さとバナナの自然の甘さが合わさることで、深い味わいとなっています。

多くのくるみパン好きが大絶賛「ナットクラッカー」

「もはやくるみ」の異名を持つクルミパン。

クルミを存分に味わって欲しいとの想いが込められているナットクラッカー。中身はもちろん、生地にも香ばしいくるみがふんだんに使用されています。

香ばしいくるみをたくさんを包み、強火で焼きこんでいるそうです。他のパンにはないザクザクとした食感にハマってしまうこと間違いなしです!

割るとくるみがこぼれ落ちてくるほど、ザックザクにくるみが入っています。

生地に包まれたくるみではなく、くるみに包まれた生地、といった方がしっくりくるかもしれません。

サステナブルなクラフトコーラが味わえる

なんとこちらのお店ではカンパーニュサンドイッチの使用できない部分を発酵種にしてクラフトコーラを作っているんです。

捨てられてしまうパンの発酵を生かして作られたサステナブルコーラはパン屋さんならではの発想!ムダなく活かすこのアイデア、素晴らしいですね。

クラフトコーラは自然な甘さで、すっきりとした味わいとなっています。後ほど紹介するヴィーガンハンバーガーとの相性が抜群でしたよ!

どんな人でも楽しめるヘルシーで美味しいヴィーガンデリ

こちらは、同店一押しのハンバーガーで、BEAST BURGER Original Spicy Sauce (税抜き1200円)。

ノンベジの方もお肉が入っていないと気づかない程のボリューム感がある一品です。

バンズはもちろん自家製。ふわふわで噛むほどに味わい深いバンズが、ハンバーガーのおいしさの秘訣です。

パティの上に特製スパイシーチリソースがふんだんに使用されています。バンズからパティ、ソースまですべてお店で手作りするとあって、こだわりが感じられます。

またスパイシーチリソースはペースト状になっているため、パティに味が染み込み、噛めば噛むほどスパイスの効いた美味しさを楽しむことができます。辛すぎないため、辛いのが苦手な人でも美味しく食べられますよ。

BEAST BURGER Tartar Sauce(税抜き1200円)。

自家製タルタルソースとオーガニック野菜を楽しむことができるハンバーガー。無添加のタルタルソースなので素材の味をそのまま味わえる一品となっています。

食べやすいサイズなので、多くのお客さんから大人気のハンバーガーです。ソースはチリソース、タルタルソースのほか、3種類から選べます。

パティの肉厚具合がこの写真からも伝わってきますよね。

しかもパティは3枚まで追加可能なんです!モリモリ食べたい方はパティを追加して、店名のビーストのようにたくさん食べてみてくださいね。

ハンバーガーのほかにも、日替わりの玄米ごはんといただけるデリプレートや、スープセットなどもあります。小麦が苦手な人も安心して食事が楽しめます。

LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEASTの想い

店長の池田さんに店への想いについて伺いました。

「ヴィーガンの人でも、ヴィーガンの人じゃなくても同じ時間を共有できる場を提供したいです。そのためには美味しい料理を提供するのは大前提だと考えています。誰が食べても美味しいと思うような味わい深さを常に追求しています」(店長・池田さん)

同店ではていねいに作る工夫以外に、製法や工程など独自の方法によって深い味わいのヴィーガン料理が作られています。

それだけでなく、オーガニックで手に入るものはオーガニックの素材を使用するなど、素材にもとことんこだわりが感じられます。

また同店では、味わい深さを出すために、1つのパンに対して数種類の粉を使い分けているのも特徴。

「お客さんの中にはヴィーガンになったことで、色々な種類のパンを食べることを諦めていた人が多くいました。そういったお客さんが私たちのパンを食べて喜んでくれることが、本当に嬉しいです」(店長・池田さん)

訪れてみてわかったのは、イートイン、テイクアウト、パンの購入すべてが満たされる嬉しいお店だということ。

ヴィーガン生食パン、ヴィーガンアップルパイなどここでしか食べることのできないヘルシーなヴィーガンパンとボリューム満点のデリがあなたを待っていますよ。

店舗情報
LA VIGNE AKIKO×VEGETARIAN BEAST
住所:東京都豊島区目白3-14-18
営業時間:新型コロナ感染拡大予防のため当面の間 11:00〜20:00 L.O.19:30
定休日:日曜、月曜、祝日

(紹介動画)
LioのInstagramアカウント
※僕たちの活動をチラッとみてみてください
LioのYou Tubeチャンネルです
※面白おかしく更新しています

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Lio

Lio

海をこよなく愛する元スイマーの「まさと」と「かつき」のコンビ。プラント・ベースの食で海洋問題を解決するために結成しました。コンビ名の「Lio」とは「Life Is Ocean(人生は海だ)」の略です。