会員限定
★冷凍のお豆腐が簡単リコッタチーズに変身!シチリア風ジェラートケーキ カッサータ★~姫野理南子のHappyベジレシピ Seasonal flavor~

16464

ヴィーガン・グルテンフリーマルチフードクリエイターの姫野先生による「姫野理南子のHappyベジレシピ Seasonal flavor」。第5回は「シチリア風ジェラートケーキ カッサータ」です。


すっかり汗ばむ季節となりましたね。こんな時は手早くできるひんやりスイーツが食べたくなるもの。

今回ご紹介するのは混ぜるだけ!ジェラートケーキです。

身近な材料である豆腐を冷凍解凍して作る、即席のヴィーガンリコッタチーズに、果物やドライフルーツ・ナッツ・ビスケットなどの具材と豆乳ホイップを混ぜ込んで、冷凍庫で冷やし固めました。

見映えの割に、混ぜたらあとは冷凍庫におまかせなので簡単!ヴィーガンだから乳製品の使用もなく、ふわっと軽い口どけです。

写真の様にパウンド型で流し固めて食べてもいいし、製氷皿で作れば1口サイズのデザートになります。切り分けた断面はまるでモザイク画の様に綺麗。

イタリアで氷菓といえば、

が代表的です。

セミフレッドとカッサータは食感は近いですが、セミフレッドは生クリームを、カッサータはリコッタチーズをメインに使い、セミフレッドの方がカロリーが高いのが一般的です。

今回ご紹介するカッサータとは、アラブ文化が色濃く残るイタリア・シチリア島のお菓子。華やかなデコレーションケーキとご紹介する氷菓の2タイプあります。

どちらも、春から初夏にかけて1年で1番甘くて美味しい、羊乳のリコッタチーズをたっぷり使用するのが特徴です。

今回はリコッタチーズの代わりに冷凍水切り豆腐を使用するので、カロリーがグンと抑えられます。

また、砂糖の代わりにアップルシロップや、砂糖を使わずりんごや白ぶどう果汁で甘味をつけたフルーツジャムを使用しました。フルーツ由来の甘味で好相性です。

ナッツはピスタチオにすると、よりシチリアを感じるスイーツに。2年に1回しか収穫されない希少なピスタチオは、シチリア島ブロンテ村の特産物なんです。

爽やかなミントティーとの相性も抜群!アラブ文化との融合を楽しむティータイムはいかがですか?

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

姫野理南子

姫野理南子

TATIN'S HOME KITCHEN主催
ビーガン料理研究家
グルテンフリーブレッド・スイーツ研究家
ビーガンチーズ・グルテンフリーパスタ研究家
国際薬膳調理師

イタリア政府公認の料理学校I.C.I.F.卒業。ベトナム政府認定の料理の認定証を取得。

イタリア料理店の厨房勤務や料理教室アシスタントを経て、飲食店経営企業にてフードコーディネーターやメニュー開発職に従事。20店舗以上のカフェ及びレストラン新店舗立ち上げ、セミナー運営を担当。

イタリア料理店、カフェ、薬膳チャイニーズカフェのメニュープランニングを計6年間。イタリア料理は特に地中海の魅力あふれるシチリア料理や南イタリア料理が専門。また近隣のチュニジア及びモロッコ料理の研究中。

各国の食文化をより深く理解する為、年2-3回程度海外へ出向き、料理研修に参加。製菓専門学校で学んだ後、海外での経験と知識を生かし、フランス菓子を始めとしたビーガン・グルテンフリースイーツを教えている。

HP:http://tatinshomekitchen.com/