おいしく食べることで地球にLOVEをお返し!camecame30 CAFE&BURGER(カメカメサンマル カフェアンドバーガー)【埼玉・越谷】

東武線のせんげん台にある自然食カフェ「camecame30」は、“食べる時は30回噛んで食べよう”という意味の店名です。

よく噛めば、消化によく内臓にやさしい。そして、食材ひとつひとつの特徴や味わいを感じ、作り手にリスペクトし、おいしさを噛みしめることができる。

地元の生産者さんが自然農法やオーガニックで育てた野菜を生かした、からだを労わるフュージョン料理レストランです。

そんなcamecame30が今年6月、2号店として越谷駅から5分ほどの場所に「camecame30 CAFE&BURGER」をオープンしました。

ソーシャルグッドな商品のマーケットGood Good Mart

地域のつながりを生かしたヴィーガンバーガーで良い循環を作る


「camecame30 CAFE&BURGER」は、誰もが好きでキャッチーなバーガーで、ちょっと地球にいいことができればいいな、という想いが詰まったお店です。

バンズには地元越谷の遊佐農場で育った無農薬の越谷産小麦を使い、市内の「スタンダードベーカリー」や「天然酵母パン 糀幸」に特別に依頼したオリジナルのものを使用。

また、米粉を使ったグルテンフリーのバンズを選ぶこともでき、こちらはせんげん台の1号店で手作りしています。

パテには、三郷市を拠点とするグリーンカルチャー社の「Green Meat」と、捨てられがちな椎茸の軸の部分や野菜がたっぷり。それをオリジナルのソースで味付けしています。

何度も何度も試作を繰り返し、納得のいく「PANBURGER(パンバーガー)」を完成させたそうです。

地域循環の輪が集まったバーガーをご紹介

バーガーごとにバンズが違うのも魅力のひとつ。


・看板メニューのオニオングレイビーPANBURGER(1,080円)
地元農家さんたちのリーフや玉ねぎなどをたっぷりはさみ、リッチで濃厚なオリジナルグレイビー風ソースでうま味を引き立てています。

・チリトマトチーズPANBURGER(1,080円)
スパイシーなチリトマトソースと、ココナッツが主原料のチェダー風ヴィーガンチーズがとろけるバーガー。

バンズは生のほうれん草を練りこんだ「天然酵母パン 糀幸」のオリジナルバンズ。


・百年木田豆腐カツPANBURGER(980円)
地元で100年の歴史を持つ「木田豆腐店」。

その伝統製法で作られたふわふわの手作り豆腐を、お米の衣でカリっとジューシーに揚げたカツに、玉ねぎのグリルやコンフィした茄子、千切りキャベツと有機豆味噌ベースの甘辛い濃厚なソースとヴィーガンマヨネーズがたっぷり。

「スタンダードベーカリー」の竹炭を練りこんだバンズにサンドしています。

・照り焼きPANBURGER(1,080円)
小豆島伝承丸大豆仕込みの本醸造生醤油と、日本で希少な自然酒を造る「仁井田本家」の自然米100%の料理酒で作る照り焼きソース。

それをオリジナルのヴィーガンパテにたっぷりからませ、厚切り玉ねぎ、茄子や香味野菜のコンフィとともに、「糀幸」の雑穀を練りこんだ天然酵母バンズにサンドしています。

他にも、お子様や少食な方のためのジュニアバーガーや、せんげん台でも人気のお米の粉で揚げる人参フライと豆乳タルタルソースのドッグもあります。


野菜とポタージュのセット、オリジナルでカスタマイズできるサイドメニューや、こだわりのドリンクもそろっています。

・フルセット:旬のグリル野菜・惣菜3種類・季節のポタージュ・選べるドリンク(+900円)
・ライトセット:旬のグリル野菜。季節のポタージュまたは選べるドリンク(+600円)


コーヒーは目の前にある焙煎所「晴れ晴れ珈琲」で焙煎仕立ての有機コーヒー。

お茶は「お茶を贈る人」という自然栽培の若いお茶ソムリエの作るものをラインナップしています。



店頭のショーケースにならぶヴィーガン&グルテンフリースイーツたちも魅力のひとつ。

季節限定の和栗モンブランと、紫芋と紅あずまのモンブランをいただきました。濃厚な味わいとコク、食べ応えたっぷりのおいしさ、見た目のかわいさもcamecameならでは。

他にもプリンやティラミス、クッキーサンド、ドーナツなどがあります。

ティラミス、クッキーサンド、ドーナツは、以前屋外フェスに出店されたときに食べたことがありますが、とてもおいしかったです。


いずれもテイクアウト可能ですので、お土産にもうれしいですね。

肉よりおいしい植物性パテを!


研究熱心で常に「よりよいもの、おいしいものを」と開発を続ける上野シェフにお話を伺いました。

-バーガーのこだわりは何ですか?
食感・味・香りのバランスにとことんこだわり、肉よりおいしい植物肉のバーガーを目指しました。

これまでヴィーガン料理を食べ歩いたりしたことはなかったのですが、今回はいろいろなカフェのヴィーガンバーガーを食べ歩きました。

もともと代替肉はあまり好きではなく、せんげん台で使うことはありませんでした。しかしバーガーの開発にあたり、国産で安心でき、おいしく食べられる味のものを追求しています。

大豆ミート臭さ、豆や穀物の重たい食感、スパイスの強さなどに配慮して、誰もがおいしいと感じてもらえるような味になっていると思います。

-「camecame30 CAFE&BURGER」への想いを教えてください。
せんげん台のcamecame30は、介護予防施設や保育園と隣接していることもあり、食を中心に人の健康を第一に考え、そこから環境へつなげるようなコンセプトでした。

こちらのカフェは、より地球環境に重きをおいて、そこから人の健康へつなげています。

すべては循環しています。地域活性化と生産者支援、そして足元から食を通じて環境への意識改革ができるよう、料理を作るだけでなくお客様ひとりひとりとお話をしたり向き合う時間も大切にしたいです。

様々なワークショップやお話会なども取り入れて、人のつながりを大事にしていきたいと思っています。


以前から食育活動にも力を入れてきた上野シェフ。

素敵な笑顔からは想像できませんが、食について気づきのある前には鬱気味になった経験もあるそう。そこから口に入れるものの大切さに気づき、自然食を作り提供するようになったのだとか。

おいしくて目にも美しいお料理とコスパの高さは、好きな人を連れていってあげたいお店です。

「名店は郊外にあり」と確信する、わざわざでも行く価値ありの、進化し続ける素晴らしいヴィーガンカフェです。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

came came 30 CAFE&BURGERの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。