商店街に現れる「南カリフォルニア」でヴィーガンジェラート。アボット・キニー アルチザン・ジェラート【幡ヶ谷】

京王線幡ヶ谷駅のそばに、南カリフォルニアのベニスビーチ近郊の「アボット・キニー通り」をコンセプトにしたジェラートショップ「アボット・キニー アルチザン・ジェラート幡ヶ谷店」があります。

アボット・キニーのジェラートは、生乳を使用しているのが特徴ですが、今回、生乳を使用しないヴィーガンジェラートを開発、販売を始めました。

生乳にこだわりがあったアボット・キニ―で、何故ヴィーガンジェラートを開発したのか?事業開発部マネージャーの外山訓啓(とやまくにひろ)さんにお話を伺いました。

アボット・キニ―の場所や詳細な情報はこちら

今、ヴィーガンが求められている


外山さんによると、東京には食に関心のある方が多く、植物性のジェラートを望む声が多くなってきたため、ヴィーガンジェラートを開発したそうです。

定番として開発したヴィーガンジェラートは、ピーナッツバター味。ココナッツミルクとピーナッツバターは相性がよく、しっかりとしたコクを出しています。

まだまだ一般の人には「ヴィーガンはおいしくない」というイメージを持たれていますが、アボット・キニーのヴィーガンジェラートは、「作るからには妥協したくない」という想いで作られた本格的な味です。

クリーミータイプだと、現在ヴィーガンメニューはこの1種類なのですが、果汁ベースのソルベは、ライチ・グレープフルーツなど、乳製品などを使っていないものもあります。

日によって作られているものが違うため、店頭でご確認ください。


価格は、2種類選べて税込600円。この日は、ピーナッツバターと今の季節に最適な、ピニャコラーダをいただきました。

ピーナッツバターは、ココナッツミルクとピーナッツバターで、コクのある濃厚なジェラートになっています。

ピーナッツバターが好きな社員が作ったという、まさに「ピーナッツバター」という大満足の味です。少し塩味がきいているのもポイント。

ピニャコラーダは、ココナッツミルクとパイナップルを使い、さわやかで、すっと溶ける感触が気持ち良いです。

ジェラートってアイスクリームとなにが違うの?


違いを知らない方が多いかもしれないですが、ジェラートは、アイスクリームより乳脂肪分が少なくヘルシー。より滑らかでコクがあり、素材の質と風味が生かされています。

アイスクリームやジェラートの専門店でも、製品自体は工場で大量生産されている場合がありますが、アボット・キニーのジェラートは、昔ながらの手作りのスモールバッチ製造。ジェラートづくりの全工程を、毎日店舗で行っています。

数が限られるため、売り切れてしまうことも。


フレーバーもユニークな組み合わせが多い印象を持ちました。1つのジェラートの中に、甘味・酸味・苦み・塩味・辛味を加えた深い味わいを追及しています。

また、舌触りや歯応えなど、食感のバリエーションも考えて、日々味の開発をしているそう。ジェラートの新たな領域へ繋がる発想を大切にしているとのことでした。

階段を上がるとビーチハウスが!


お店では、1階でジェラートを選びます。丁寧にカップに入れられたジェラートをもって2階に上がると、そこはまさにビーチにある海の家。とても落ち着く空間でした。


壁面にはかわいい絵とともにこだわりが書かれています。

店内の内装は、南カリフォルニアのベニスビーチ近郊の「アボット・キニー通り」をイメージして作られています。

アボット・キニ―通りとは、地元のアーティストが多く住み、オーナーのこだわりを感じる個性的なお店が並ぶエリアです。

お店では、アルチザン(職人)なこだわりと、南カリフォルニアの自由な精神を、ジェラートを通して表現したいのことで、伝統的な製法と、自由な発想での新たな味づくりをしています。

お店を訪れるの方は、年齢層がやや高め、特に大人に人気なようです。ご夫婦や男性客も多く、男性には定番メニューが人気だそう。

店内のジェラートは、定番のものに加えて、無農薬の柑橘で作るものなど、通常のジェラート店では味わえないような素材の組み合わせにも挑戦しています。

その日しか出さない味もあるそうで、行く度にレアな味に出会えるかもしれません。

定番メニュー6種類は、オンラインショップでも購入できるそうですが、ヴィーガンジェラートは購入できないそうなので、ぜひお店に足を運んで味わってくださいね。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

アボット・キニ―の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

おすすめのギルトフリースイーツ


マクロビバターサンド【瀬戸内産清見オレンジ】


アガベシロップと国産果実のゼリー【もも】


インカベリーバー【ココナツ&アーモンド】


おからのかりんとう【黒糖】


デーツクラウン クナイジ種 250g


トミィミューズリー【ヘーゼルナッツ&カカオ】

このほか、プラントベース食品のオンラインショップVegewel Marchéでは50種類以上のギルトフリースイーツをご用意しています。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください!

清水えみこ

清水えみこ

農業高校野菜部出身の元花屋
日本語教師
環境・健康・教育業
自然と旅行が大好きです