自然をたっぷりチャージしにいこう! 山梨県八ヶ岳南麓のヴィーガングルメ12選

更新日:2022/10/02 公開日:2022/06/17

東京のお隣、自然豊かで四季折々のおいしい野菜や果物の宝庫の山梨。

そんな山梨の北部、長野の県境近くの北杜市は八ヶ岳南麓に位置し、きれいな水、空気、温泉、四方を名山に囲まれた絶景の地です。

東京から中央道や特急あずさで2時間ほどというアクセスのよさから、都心からの移住者や別荘地として二拠点生活をする人も多いエリアです。コロナを機にさらに人気が高まっています。


また、北杜市は、知る人ぞ知るヴィーガン、オーガニック、マクロビオティックの聖地で、関東屈指の名店が集まっています。

新鮮でおいしく生命力の強い野菜たちのコスパの高さは、交通費をかけてでも買い出しにいく価値あり!(高速バスを使えば往復5000円以内で行けます!)

初夏からはさくらんぼやスモモ、桃などのおいしいフルーツも実り始め、自然界の移ろいとともに旬の味覚をを楽しめます。

週末のリフレッシュ&チャージ旅の参考に、山梨のおすすめヴィーガングルメ・スポットをご紹介します!

芸術的な野菜料理「キッチンオハナ」


知る人ぞ知るベジの名店のひとつ「キッチンオハナ」。北杜市方面にいくときはまず足を運びたい古民家カフェです。今春で10周年を迎えた予約必須の人気店では、世界の料理をヴィーガンで楽しめる美しいプレートランチがいただけます。

古民家でゆったりくつろぐことができ、お皿の上で彫刻のように組み立てられた繊細な料理は、誰もが唸るおいしさです。

オーナーシェフの“マクロビパパさん”が作る「おひさまプレート」は、旬の野菜を最大限に生かし、野菜料理の奥深さを感じることができます。サラダのドレッシングはごはんにかけて食べたいほどの滋味深いおいしさ。

訪れるたびに進化する料理に、無限の可能性を感じさせてくれます。

そしてスイーツも毎度の楽しみ。

繊細で美しい見た目もさながら、「これがヴィーガン?」と思えるほどの完成度の高さ!


「はちごうプリン」。つややかで美しいプリンの絶妙な味と滑らか食感は、高級レストランのデザートを超えるようなおいしさです。


いちごのプリンもこの美しさ。


季節の野菜や果物を使ったタルトやパウンドケーキも日替わりで提供されています。

そして、写真奥の「甘栗のボネ」。甘栗を使った濃厚なチョコレートプリンはここでしか味わえない絶品スイーツです。


コーラナッツから作る自家製コーラやソーダなどのドリンクも全て手作り。細部までこだわっています。

古民家をオーナー自ら改装して作ったこの「キッチンオハナ」は、床や壁からロケットストーブ、手洗いシンクまですべてが手作り。趣味で集めたアンティークな家電や家具も見ものです。

ノスタルジックで温かみのある空間は居心地がよく、縁側席で足を伸ばして深呼吸したら、最高のリラックスモードになること間違いなし。

インタビュー記事はこちら
https://vegewel.com/ja/style/kitchenohana

「キッチンオハナ」
住所:山梨県北杜市髙根町村山西割1140
TEL:0551-46-2177
https://vegewel.com/ja/restaurant/947
http://www.k-ohana.biz/

馬たちの優雅な走りを眺めながら本格イタリアン「Trecaballo(トレカバロ)」


馬が見える八ヶ岳南麓イタリアンTrecavallo(トレカバロ)。

”三頭の馬”という意味の店名は、森の中で乗馬体験の出来る乗馬クラブの「八ヶ岳ロングライディング」の2階にあるレストランだから。

かわいい馬たちが軽快に走る様子を見下ろしながら、ゆったりと食事が楽しめます。

八ヶ岳産のオーガニック野菜をふんだんに使った洗練されたイタリア料理は、野菜のおいしさや素材が生かされています。スープなどのベースが野菜のうま味を生かし動物性不使用なので、その場でヴィーガン対応をしてもらえます。


染み入るような野菜の旨味たっぷりのスープや、フレッシュなサラダのおいしさにときめきます。

ふわふわもちもち、焼き立てで提供される自家製のじゃがいもと豆乳のフォカッチャも絶品。

Aランチはオーガニックの高原野菜のサラダと季節のスープ、自家製フォカッチャ、選べるパスタとドリンク付きで1250円というお手頃さ!

サラダとスープを前菜盛り合わせにしたBランチでも1750円。お子様限定メニューは900円でソフトクリームまでついています。


ヴィーガンのパスタはオイルベース、トマトベースの2種類から選べます。旬の野菜がたっぷり、葉野菜だけでなく長芋やごぼう、かぶなどの根菜も入っていて食べ応えたっぷりでした。


小淵沢は乗馬も盛んで、馬術競技場があったり、馬たちが避暑にくる馬の街。間近に見る馬たちは本当に優しい目をしていてかわいいので、ぜひ見てくださいね。

「Trecavallo(トレカバロ)」
住所:山梨県北杜市小淵沢町10265 2階
TEL:0551-35-9275
https://trecavallo.com/

広いお庭に木造100年の古民家で癒される「engawa cafe(えんがわカフェ)」


子どもやワンコ連れ大歓迎!2009年オープン、広いお庭と見晴らしの良さが心地よい古民家カフェの「engawa cafe」。


こちらは、天然木の温かみのあふれる店内。店名のとおり、昔懐かしい縁側でゆったりと寛いでほしいというオーナー夫妻の思いが詰まったカフェです。


人気のヴィーガンピザのほか、名物のヴィーガンラーメンも!こちらは人気のベジつけ麺。古民家×ラーメンというのもまたオツなものです。

ヴィーガンスイーツのぷるぷるのプリンも別腹でオーダーしちゃいました!

こちらは甘夏のヴィーガンスコーンです。旬のフルーツを使った日替わりスイーツも楽しみのひとつ。

見晴らしのよい開放感溢れるお庭では、ヤギのあずきちゃんが出迎えてくれます。

ベジの方もそうでない方も一緒にゆったりと時間を過ごせるカフェです。

Engawa cafe
住所:山梨県北杜市高根町東井出155
TEL:0551-47-6065
https://engawacafe.wixsite.com/engawacafe

ツリーハウスやブランコで遊べるカフェ「おちゃのじかん」


こちらは明野町の反対側、韮崎市穴山町にあるカフェ「おちゃのじかん」。

ご夫妻で営むかわいいガーデンテラスで食事やお茶が楽しめるカフェです。

自然と一体化しながら味わえるのは、自家製天然酵母で毎朝焼き上げるパンやスイーツ、そして、自家製発酵調味料を使った地産の野菜をたっぷり味わえるベジプレートランチ。

パンやスイーツは国産小麦や自社農園の果物で作られており、からだにやさしく沁み渡ります。


童話にでてきそうな愛情溢れるお庭では、オーナー手作りのブランコやツリーハウスなどで童心にかえって遊んだり、南アルプスの鳳凰三山をぼーっと眺めて読書をするのもよし。

都会の疲れをリセットできる穴場のカフェです。

地元のフルーツをふんだんに使って焼くヴィーガンスイーツと一緒にいただく、ネルドリップ式のオーガニックコーヒーも絶品ですよ。

オーナー夫人が毎朝焼く美味しい天然酵母パンは早いもの勝ちで店頭で購入できます。

「おちゃのじかん」
住所:山梨県韮崎市穴山町7063
TEL:0551-25-2321
https://www.facebook.com/ocyanojikan/

白砂糖不使用、天然氷でつくるふわふわかき氷「マナマハロ」


南アルプスの天然水で有名な白州をはじめ、名だたる名水がこんこんと湧き出る北杜市。

そんな八ヶ岳の湧水でできた八義の天然氷を使ったかき氷を食べられるお店です。

使用するのは、オーガニック中心の旬の果物とてんさい糖のみでつくった、イチゴ、桃、マンゴー、オレンジなど生のフルーツソース、豆乳を煮詰めて作った練乳、地産の小豆をていねいに煮た餡や有機抹茶というこだわりよう。

贅沢なまでのフレッシュフルーツのシロップのお味を堪能できます。

「道の駅こぶちさわ」のエリア内に常設しているキッチンカーで提供する白砂糖不使用・甘味控えめ・手作り無添加のからだのことを考えたかき氷は、子どもにも大人にも安心なうれしいおいしさです。

八ヶ岳のふわっふわの天然氷は甘くてやさしく、頭が痛くなったり口の中がキーンと痛くなったりしないことに驚きます。

ぜひ食べてみてくださいね。

「マナマハロ」
住所:山梨県北杜市小淵沢町2968-1
TEL:090-1266-3927
http://cocina-minaka.com/manamahalo.html

道の駅の中にある自家製酵母のヴィーガン専門パン屋さん「山のパン屋 桑の実」


おなじく「道の駅こぶちさわ」の中にある「山のパン屋 桑の実」は、なんと完全にヴィーガン!

地産の野菜や食材を使った、からだにやさしくておいしい自家製酵母のパン屋さんです。

店内工房で次々と焼きあがる焼き立てのパンたちは、その滋味深さと種類の多さからも大人気!

「動物性材料不使用」とインパクトのある旗が目に飛び込んできます。

惣菜パンからスイーツ系パンまで種類が豊富で目移りしてしまいます。山梨県産の小麦を使い、自家製天然酵母でじっくりと発酵させ、卵や乳製品、バターを使わない手作りパンがずらりと並んでいます。


豆乳メロンパン、ヴィーガンクロワッサンは特に絶品です!売り切れ必須なので予約がお勧めです。

山梨にはパンの名店が多いのは、小麦の産地でもあり、おいしい水があるからこそ。

動物性不使用だということにまったく気付かないくらい魅力的なパンをぜひ買いにいってみてください!


そのほか、道の駅のショップには地元の農家さんたちが納めるオーガニックの採れたて野菜や果物などが並んでいます。驚くほどフレッシュでリーズナブルなのでぜひ覗いてみてください。

併設の「ロトンド小淵沢」というイタリアンレストランでも、ピザのヴィーガン対応をしてくれますよ!

https://mkobuchisawa.jp/

「山のパン屋 桑の実」
住所:山梨県北杜市小淵沢町2968-1
TEL:0551-36-5227
https://www.porta-y.jp/feature/bakery/bakery-vol2/kuwanomi

やぎと田舎ごはんとオーナーご夫婦に癒される!「cafe くじらぐも」


八ヶ岳のお隣、茅ヶ岳の中腹に位置する北杜市明野町は、南アルプスや八ヶ岳を一望するひまわり畑やハイジの村で有名なところ。

そのエリアでも古民家カフェブームの先駆けが、「カフェくじらぐも」です。

田舎の旧家そのままに、どこか懐かしい土間のある店内。その日のメニューが黒板にチョークで書かれてあり、ノスタルジックな印象を受けます。

築150年以上の古民家を改装し、古き良き日本の伝統と手仕事を生かしながら、自然や生き物との共生をテーマにしたくじらぐもでは、地産の野菜を中心とした季節の惣菜の田舎ごはんやほっこりスイーツをいただけます。

一部放し飼いの安全な飼料のみで育てられた卵や、放牧牛の乳などを使ったスイーツなども提供しています。

噂が噂を呼んで、都内から若いカップルやグループが多数押し掛ける人気の同店。

庭にいるヤギや烏骨鶏などのくじらぐもファミリーたちがあたたかくお出迎えしてくれることも人気の秘密。

田舎のおばあちゃんちに来たようなあたたかさ、そして人懐っこくてかわいい動物たちに癒され、童心に帰れる場所がここにあります。


オーナーさんたちとの会話を愉しみながら、どこか懐かしくてほっとする旬の野菜たっぷりのごはんやケーキをいただけます。

”足るを知る”、シンプル&ナチュラルな日本の田舎暮らしのよさや、動物たちとの共生を味わえる和みのカフェで、心身をリセットしてみませんか?

「カフェくじらぐも」
住所:山梨県北杜市明野町上手3144
TEL:0551-25-4053
http://cafe-kujiragumo.com/
https://ameblo.jp/yasurinpime/

からだにやさしい素材と湧水で仕込むパンやごはん「オーガニックカフェごぱん」


標高1260mの自然溢れる地にある「オーガニックカフェごぱん」。

「お客様に心身元気でいてほしい」という思いから、生産者がわかるオーガニック材料のみで、水や調味料にもとことんこだわっています。動物性・乳製品・卵・砂糖不使用のマクロビオティックに則った穀菜食の料理やパンなどがいただけるカフェです。

同店では料理やパン、スイーツにてんさい糖やメープルシロップさえも使用していません。

日替わりの定食と一日6食限定の土鍋カレー、卵を使わないオムレツなどがいただけます。

自然療法とマクロビオティック料理の大家である大森一慧先生の愛弟子であるオーナーの小山さんは、長い間大森先生の右腕として活躍してきました。

大森一慧先生インタビュー記事はこちら↡
https://vegewel.com/ja/style/omorikazue

そんな小山さんの熟練の調理技術から生み出されるのは、毎日の気候や気温に合わせて作られる料理の数々。


料理はもちろん、小山さんのご主人が石窯で焼くパンもぜひ味わってみてくださいね。アレルギー、ハラール対応もしてくれますよ!

パンは八ヶ岳倶楽部や各種イベントなどで出店販売をしていますので要チェックです。

「オーガニックカフェ ごぱん」
住所:山梨県北杜市大泉町西井出8240-1677
TEL:0551-38-0372
http://gopan.jp/
http://www.gopan.jp/f_whats.html

地元で愛される姉妹で営む「nakamise cafe pot(カフェポット)」


地元の農家が育てたオーガニック野菜を使って作る、からだの喜ぶ料理とスイーツがいただけるアットホームな「カフェポット」。マクロビオティックを学んだ仲良し姉妹が運営しています。

ここでは、季節に合わせた料理が日替わりで作られています。近隣の人々に愛される同店は、老若男女、家族連れのお客さんでいつも賑わっています。

人気の秘密は、おいしさはもちろん、お料理の選択肢の多さとボリューム。精米したての雑穀米入りごはんもふっくらしていてとてもおいしい!


デザートは白玉ぜんざいや抹茶プリンなどの和のスイーツから、季節のフルーツのパフェまで種類が豊富で迷ってしまうかも。お店の名前にもあるようにコーヒーがポットに入ってたっぷりとサーブされます。


クッキーや焼き菓子もたくさんあるので、友達へのお土産にもうってつけ。


お店は長坂インターの近く。おいなりさんやナムルごはんのお弁当など、テイクアウトメニューやスイーツも充実しているので、帰宅前にピックアップして車や電車の中でいただくのもいいですね。

「cafe Pot」
住所:山梨県北杜市高根町五町田609
TEL:0551-47-2044
https://www.facebook.com/pages/Cafe-Pot/412055875532572

10.川のせせらぎを聞きながらデッキでエビフライが食べられる!?「カフェ ピアニッシモ」


木々に囲まれ鳥のさえずりと川のせせらぎを聞きながら、ウッドデッキでいただけるのは、フォトジェニックでおいしいヴィーガン料理。

心地よい風に都会の疲れが流されていくようなお気に入りのカフェです。

ここは、酵素玄米やロースイーツを早くから導入し、ヴィーガンラーメンもまだ都心にほとんどない頃から提供していた、実はベジの最先端を行くお店。

ハートがかわいい浄水のブルーソーラーウォーターの瓶や、イラスト入りのメニュー表もかわいくてほっこりします。

そして、同店のプレートの定番はこのエビフライ(もどき)!

にんじんのフライがこんなにも甘くて美しくおいしいなんて・・・エビ泣かせです(笑)。

ボリューム満点で男性も大満足の量。しっかりとごはんがすすむ味です。

一部卵を使ったおかずがあるため、動物性を避けたい方は「ヴィーガンで」と注文時に伝えてくださいね。

季節の野菜がふんだんに使われたボリュームのあるおかずに、スープ、ごはんは玄米か酵素玄米から選べます。


川のせせらぎと鳥のさえずりを聞きながら自然の恵みをいただけば、元気になること間違いなし。

不定期で休みが入りますので、営業については文末のお店のFacebookページでチェックしてみてくださいね。

「カフェ ピアニッシモ」
住所:山梨県北杜市長坂町白井沢4050−2
TEL:0551-32-7762
https://www.facebook.com/CafePianissimo/

緑に囲まれた一軒家イタリアンレストラン「パスタ&ピザガーデン マジョラム」


前出の道の駅こぶちざわのすぐ近く、小淵沢の中心部で20周年を迎える老舗の人気イタリアンレストランの「マジョラム」。

ナポリの田舎町のレストランのような、木の温かみのある広々とした店内では、ファミリー層からカップルまで、気軽においしいイタリア料理を楽しむことができます。

オーナー夫妻がシエナの街の建物をイメージして建てたのだそう。

契約農家の新鮮なお野菜がたっぷり味わえます。

石窯で焼く焼き立てのもちもちピザ、高原野菜を贅沢に味わえるパスタ、そしてバーニャカウダやお肉料理もあり思い思いに楽しめます。

お嬢さんは都内の有名ヴィーガンカフェで店長をしていることもあり、ヴィーガンはじめ食の多様性への理解も高く、予約なしでその場でヴィーガンやアレルギーの対応してくれるのもとっても有難いです。

これからの陽気のよい季節、広いガーデンのオープンテラス席での食事もおすすめです。

夜のライトアップもまるでアミューズメントパークみたいで美しい!

パスタ&ピザガーデン マジョラム
住所:山梨県北杜市小淵沢町1558-5
TEL:0551-36-4620
https://marjoram-kobuchizawa.com/

高原リゾート気分を満喫。林の中の隠れ家オーガニックレストラン「奏樹(そうじゅ)カフェ&ダイニング」


小淵沢の中心部にある、ちょっぴりラグジュアリーなレストランです。

広々として明るい店内。全面がガラス張りで、まるで森の中で森林浴してるように食事ができます。

旬のオーガニック野菜たっぷりの、自然との調和を考えたレストランは、心身の開放をコンセプトにしています。

ランチはプレートランチの他、ベジカレーやVEGAN坦々麺などもあります。

落ち着いてゆったりリゾートランチを!という時におすすめしたいレストランです。

店内物販コーナーには、系列会社のビオクラのヴィーガンクッキーをはじめとしたお菓子やふりかけなどのフード類も買えるのでお土産にもおすすめです。

奏樹カフェ&ダイニング
住所:山梨県北杜市小淵沢町1578 女神の森セントラルガーデン内
TEL:0551-36-5002
https://www.soujyu.megaminomori.com/

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

もうひとつ、北杜市にいったらぜひ立ち寄ってほしいのが、「ひまわり市場」というスーパーです。

県内外でも話題で、度々テレビなどでも取り上げられるひまわり市場には、作り手の思いの詰まったオーガニックやヴィーガンのこだわりのおいしいものが集約しています。

特に、オーガニック野菜やヴィーガンスイーツ、パンが豊富に集約しているのが嬉しいかぎりです。

朝9:30~夜20:00まで営業していて、名物店長の元気のよい店内アナウンスも楽しく、活気ある店内はお土産を買うスポットとしてもおすすめ!

「ひまわり市場」
住所:⼭梨県北杜市⼤泉町⾕⼾2008
TEL:0551-38-4744
http://himawari-ichiba.com/

ほかにも八ヶ岳南麓には、今回ご紹介できなかったヴィーガンのお店や天然酵母のパン屋さんもまだまだあります。

完全予約制のヴィーガン・ジャズ喫茶の「喫茶草布絵」では、前日までに予約で12時から13時限定でランチヴィーガンラーメンやパスタなどが食べられます。

https://kusabueinfo.wixsite.com/kusabue

ロシア料理のボルシチなどをヴィーガンで食べられる希少なレストラン「ロシア自然食料理の清里のマリヤ」
https://goo.gl/maps/kVDZmJrRJ8ncppTB8

地産地消の古民家レストランで、その場でヴィーガン対応も快くしてくれる「ふらここ食堂」
http://fracoco.net/

などなど、、、、

夏には一面に咲く明野のひまわり畑にいけば、おひさまのような笑顔になれるはず!

ひまわり畑の近くには、絶景の梅之木遺跡という国史跡に指定される縄文時代の遺跡があり、縄文時代の竪穴式住居の復元がされています。

史跡梅之木遺跡 | 北杜市埋蔵文化財情報WEB (hokuto-maibun.com)

近隣の清里・白州・野辺山・昇仙峡・増富はもちろん、少し足をのばして諏訪や岡谷なども、これからの季節存分に楽しめます。

自然溢れる癒しのパワースポットや観光名所、名湯もたくさんの八ヶ岳南麓。

中央道を心地よくドライブしながら高原の息吹を五感で感じ、おいしいベジごはん巡りができる八ヶ岳方面へ足を運んで、心もからだも開放し、思い切りリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

「ほくとナビ」もぜひ観光のご参考に!

https://www.hokuto-kanko.jp/

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。