愛ある手料理を届けたい!「穀物菜食の店 たなこころ」長野県岡谷市

「たなこころ」とは、大和言葉で「手」という意味。美味しくて美しくてやさしい、人も地球も元気にする手料理をお届けしてお客様に喜んでもらいたい。

そんな思いから2018年8月に長野・岡谷市でオープンし、今年の夏で2周年を迎える雑穀菜食の店「たなこころ」。

オーナー兼シェフの小口満土里(おぐちみどり)さんが、ていねいに手間暇かけて作る愛情料理に魅せられたリピーターが多いお店です。今回は、その魅力を存分にお伝えします!

食べること、おいしいものが大好き。だからこそ食で癒しを

小口さんによれば、オープン当初は、「本当に自分にできるのだろうか?」と半信半疑でのスタートだったのだそう。

マクロビオティックを学ぶ中で食と身体の関係を考え、食べるものや作り手の思い、愛情を込めて作る料理の大切さに気づき、本当の意味での手(たなごころ)料理を1人でも多くの人に食べてもらいたいと思って始めたカフェ。

「昔書いていたノートを見返すと、『いつか食べ物屋をやりたい!』と繰り返し書いてあって、その夢が実現したんだなと、後から気づきました」(小口さん)

美味しくて美しくてやさしい、人も地球も元気にする手料理

ご自身が食を変えて本当に驚くほどに健やかに元気になり、穀物菜食のお店を始めようと考えた小口さん。

そして現代のさまざまな問題を解決する鍵が食にあると思い、みんなが幸せに暮らしていける世の中を作るため、こんな食べ方・生き方もあるということを伝えたいと考えるようになりました。

手から伝わるエネルギーと愛こそがお料理をおいしくする。だからこそいつも自分がニュートラルでありたいとマクロビオティックを実践しているそうです。

ランチプレートは1200円で、日替わりの季節のお惣菜や揚げ物などのおかずがたっぷり入っています。テイクアウトのお弁当は1100円、おかずだけだと864円、デザートは380円(いずれも税込)から購入できます。

料理や食材へのこだわり

白砂糖、化学調味料、添加物は使わないのが小口さんのポリシー。“身土不二※”にこだわり、米や野菜は、できるかぎり地元産の無農薬のものを「いとう農園」、「ワームファーム」、「大島農園」、「いちやまマート」から仕入れているそうです。※「身」と、「土」は切り離せない、という意味。 食養運動のスローガン。

また、調味料は古式醸造かつナチュラルなものを。味噌と醤油の一部は自家製です。加工品についても無添加で、できるかぎりオーガニックのものをチョイス。

店をオープンするまでのこれまでの経緯

生来の食いしん坊で、子どもの頃からお菓子作りが趣味だったという小口さん。青山アンデルセンで洋菓子製造の仕事を10年間。甘いお菓子をたくさん食べてきました。

27年前の1993年、故・東條百合子先生の「自然療法」を読んで玄米菜食と出会います。「動物の命を犠牲にせずに健やかに生きられるなら、その方がいいな」と思い、軽い気持ちで穀物菜食を始めてみたら、それまで疲れやすかったり、体調を崩しやすかったりしたのにもかかわらず、驚くほど元気になったことが大きな契機となりました。

以来、マクロビオティックに魅せられ、生き方の軸となりました。マクロビオティッククッキングスクール リマを筆頭に、ヴィーガンカフェなどでの修業を通じてマクロビオティックを学び、雑穀料理や重ね煮などさまざまな料理の技法を学びました。

今も小淵沢まで通い、ラ・コシナ・デ・ミナカの永井邑なか先生からマクロビオティックを学び続けています。

2001~2017年までの7年間は自宅で料理教室を開催し、その後、2018年8月に同店をオープンするに至ったそうです。

岡谷市近辺のおすすめの観光スポット

諏訪湖に隣接する岡谷市は「湖に映える、美しいものづくりのまち」と言われていて、かつては養蚕業がさかんで、”シルクの街”とも言われていました。

四季折々で変化する諏訪湖はとても美しいです。そんな岡谷市のみどころについて小口さんに教えていただきました。

「なんといってもこの近辺で有名なのは諏訪大社4社(茅野市、下諏訪町)。パワースポット巡りがおすすめです。御柱祭という7年に一度の神事のお祭りもぜひ一度は見る価値があると思います。次回は、二年後の令和四壬寅年に開催予定です」

今後のビジョン

「ベジタリアン、ヴィーガン問わず多くの方に喜んでもらえるような料理を作りたい」と語る小口さん。目指すのは、どんな人でもふらりと気軽に食事やお茶に来てもらえる店。店で提供する食事については、「お金をいただく以上、どうしてもご馳走料理になりますが、ハレの料理よりケの料理が大事だと思っています」とのこと。

同店の2階には座卓席があり、小さな子どもや赤ちゃん連れでも安心してゆっくり食事ができると好評です。

大好評だった料理教室の開催を検討中で、特に子育て中のママたちに食の大切さを伝えていきたいといいます。

「好きなことをやってお客様に喜んでいただける、幸せな仕事だと思っています」と笑顔で語る小口さん。やりたいこととできることのギャップに自問自答しつつも、日々進化し、より喜ばれるお店にと邁進するたなこころのごはん。

新緑ドライブを楽しみながら、細胞と五感を躍らせにいきませんか?

穀物菜食の店 たなこころ
住所:長野県岡谷市天竜町2-3-2
電話:0266-23-4795
営業日時:水曜、木曜、土曜、日曜 11:30~17:00

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

【〇〇〇〇】の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

おすすめのギルトフリースイーツ


アガベシロップと国産果実のゼリー【もも】


インカベリーバー【ココナツ&アーモンド】


おからのかりんとう【黒糖】


デーツクラウン クナイジ種 250g


トミィミューズリー【ヘーゼルナッツ&カカオ】

このほか、プラントベース食品のオンラインショップVegewel Marchéでは50種類以上のギルトフリースイーツをご用意しています。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください!

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。