えっ!こんなにおいしいの?ヘルシーなのに本格派、お手軽なヴィーガンレトルト食品が新発売。SEE THE SUN(シーザサン)【Vegewel特典】

26252

今、健康や環境などを考えて、注目されている大豆ミート食品。

「テーブルを創るすべての人を幸せに」を掲げる株式会社SEE THE SUN(シーザサン)は、大豆と玄米から作られた、お肉のような食感のZEN MEAT(ゼンミート)を販売しています。

そしてこの度、ZEN MEATを使用したレトルト食品が発売されました。

ヘルシー&ヴィーガンのレトルトシリーズは、「欧風カレー」「キーマカレー」「ストロガノフ」「ボロネーゼソース」の4種類。お手軽にレストランの味が再現できちゃう優れものです。

実際に食べてみてびっくり!ヴィーガンやベジタリアンでなくとも、野菜やキノコなどの深い味わいや、スパイスでパンチの効いたおいしさにきっと驚くはずです。

Vegewel読者に、素敵なVegewel特典もいただきました!

ZEN MEATのレトルトシリーズを食べてみよう!簡単・おいしい・感動です。


写真左上:ボロネーズソースパスタ 右上:ストロガノフ
左下:キーマカレー+潰したジャガイモ 右下:欧風カレー+玄米ご飯

ZEN MEATのレトルトシリーズを、実際に作って食べてみました。時間のない時も、料理があまり得意でなくても、温めるだけ、超簡単です!

1人で味わうもよし、仲間とシェアしてプチパーティーもよさそう。今回、ライターは4人でシェアしました。


熱湯の中に入れ3~4分あたためます。(電子レンジ調理も可)

その間にパスタを茹で、ごはんを用意。

その他、今回はトースターで少し焼いてカリッとさせた仙台麩と、茹でて潰しただけのジャガイモを用意しました。冷蔵庫の野菜を出して、準備はこれだけ。


「欧風カレー」には、ブロックタイプのZEN MEATを使用。ゴロゴロと存在感たっぷりのZEN MEATの迫力に驚きます。何層にも重なる深い味わいに大満足です。


ミンチタイプのZEN MEATを使用した「キーマカレー」は、スパイスの効いた刺激的な味。今回はジャガイモと合わせましたが、好みで色々とアレンジができそうです。


「ボロネーゼソース」には、ミンチタイプのZEN MEATがたっぷり。トマトのさわやかな酸味の中に濃縮された野菜の旨味がたまりません。


スライス肉タイプのZEN MEATの存在感があり、濃厚でコクがある「ストロガノフ」は、リッチな味わい。カリカリの仙台麩とも相性バッチリで、食べ応えがあります。

温めるだけで、このおいしさをいただけるのは感動です!

SEE THE SUN の商品開発部長の髙橋慎吾(たかはししんご)さんに、商品についてお聞きしました。


※以下、「」内は髙橋さんのお話です。

〇 今、注目の玄米入りソイミート・ZEN MEATを使ったレトルト食品シリーズについて教えて下さい。

「2018年11月、ZEN MEATを使った即食シリーズ4品を発売しました。いずれも動物性原料不使用(ヴィーガン対応)・低脂質・香料不使用の品質となっています。

昨今注目が高まっているヴィーガンやベジタリアンの方はもちろん、健康意識の高い方や、ナチュラル志向の方など幅広いお客様に向けた仕立てとなっています。

動物性のダシや香料などに頼らず、野菜やキノコ類などの素材本来の旨味を最大限に引き出し、さらにそこにZEN MEATを加えることで、ヘルシーながら満足感溢れる味わいを実現しました。」

〇 こんなレトルト食品を待っていました!商品の開発経緯を教えて下さい。


「SEE THE SUNでは、2017年4月の創業以来、玄米入りソイミート『ZEN MEAT』の普及に尽力していますが、ソイミート自体を使って一から自分の手で調理をするには、まだまだ一定のハードルがあると思っています。

また、そもそも生活者にとって、ソイミートの食経験自体が少ない中で、より手軽にソイミートの美味しさや価値を体験する商品が必要であると考えておりました。

様々な文化的背景を持った人々同士の交流が活発化し、個人のニーズが細分化・多様化していく世の中において、SEE THE SUNは『誰もが笑顔で同じテーブルを囲むことができる世界』を目指しています。

それゆえ、今回の商品に関しては、様々な理由や背景から動物性食材を口にできない方が安心して召し上がれることはもちろんのこと、そういった制限のない生活者の方々にとっても美味しく価値のある商品にすることを目指しました。

そうすることで、例えばヴィーガンやベジタリアンの方とそうではない方とでも、ストレスなく同じテーブルで同じ食体験をすることができ、食本来の楽しさが広がると考えています。

更に、動物性原料を使用していないだけでなく、『低脂質』や『香料不使用』というエッセンスを加え、健康志向の方やナチュラル派の方などでも積極的に取り入れていただける仕立てにすることで、どんどん同じテーブルに座ることのできる人を増やしていくことを意識しました。

もちろん、従来の即食商品ユーザーの方にも喜んでいただける満足感を実現できていると自負しています。

できるだけ多くのお客様の選択肢になっていければと考えています。」

おいしいものを食べるって幸せです。仲間と一緒なら、なお楽しい!このように食の選択肢が増えていくとうれしいですね。

〇 商品のこだわりについて教えて下さい。

「ポイント①は、未来のお肉ZEN MEAT。

玄米入りソイミートZEN MEATは、まるでお肉のような食感。そのヘルシーで食べ応えのある味わいは、今回の『低脂質かつ美味しい!』を実現するには必要不可欠でした。

キーマカレーとボロネーゼソースに使用しているひき肉タイプの『ZEN MEAT MINCE』、欧風カレーに使用しているゴロっとした『ZEN MEAT BLOCK』、ストロガノフに使用しているスライス肉タイプの『ZEN MEAT FILLET』、3種それぞれの驚きを是非体験してみてください。


ポイント②は、動物性原料不使用。

お肉や魚介類などを一切使わず、野菜やキノコ類など、レシピ配合には徹底的にこだわりました。

ポイント③は低脂質。

美味しい食事は食べたい。でも罪悪感が…。そんな方でも安心してお選びいただけるよう、低脂質化を実現しました。

しかも、『確かにヘルシーだけど味気ない…』なんてことがないよう、しっかりと食べ応えと味わいにはこだわりました。

ポイント④は、香料不使用。

SEE THE SUNの持つ配合技術を活かして、素材本来の旨味を最大限に引き出しました。

ポイント⑤は、パッケージデザイン。


食事は一人で黙々と『消化』すれば良いものではなく、会話をしながら楽しんだり、その美味しさに思わず笑顔がこぼれたり…一食一食に小さなストーリーがあるもの。

今回はそんな日常の『食卓』のひとコマを切り取り、デザインとして表現しました。

食のカタチは時代とともに変わっていきますが、そのような中でもテーブルの上には変わらない大切なものがある。SEE THE SUNはそう考えます。」

〇 パッケージのアイコン表示について教えて下さい。


「SEE THE SUNの商品パッケージには、それぞれの商品の特徴を表すアイコンが描かれています。

以前欧米のマーケットを視察した際に、商品の多くに機能を示すアイコンが付されており、日本人の私たちでも直感的にその内容を理解することができました。

特に様々な言語や文化的背景を持つ人が生活する欧米においては、それが当たり前の姿なのかもしれませんが、私たちにとってはとても新鮮に感じ、そしてその当たり前がとても素晴らしいことだと感じました。」


「日本も例外ではなく、様々な背景を持つ人が生活をしており、欧米マーケットで見たような表示を行うことで、どこかで困っている人たちのお役に立てるのではないかと思い、その商品の特徴を示すアイコンを入れることにしました。

商品をお選びいただく際のお役に立てれば…。SEE THE SUNのちょっとしたこだわりです。」

〇 欧風カレーは大平哲雄(おおひらてつお)シェフの監修とお聞きしました。シェフとの出会いを教えて下さい。

「今回のZEN MEAT欧風カレーに関しては、東高円寺で『野菜キッチンCocomo』のオーナーシェフを務める大平哲雄さんにレシピの監修をいただいております。

大平さんは世界20ヶ国のレストランで修業をし、帰国後は自然派インド料理店ナタラジ青山店のシェフや、伝説のオーガニック・ベジタリアンレストラン『ロータス&フラワーズ・ワン』のオーナーシェフを務めるなどした、まさに菜食のプロフェッショナルです。

大平さんは、如何にヴィーガンやベジタリアン以外の方にも菜食料理を美味しく楽しんでもらえるかを意識されており、実際にお店にいらっしゃるお客様も多くは菜食志向の方ではないそうです。

そんな、我々の目指す世界を地で行かれている大平シェフとは、とある地方生産者様のご紹介で2017年の年末にお引き合わせいただきました。お互いの理念や考え方にすぐに共感し合い、翌月には共同開発の話がスタートしました。」


「その時点で既に商品として存在していた、キーマカレー・欧風カレー・ボロネーゼソースをリニューアルすることは決定していたのですが、その中でも特に味づくりに苦慮していた欧風カレーに関して、一緒に取り組むことになりました。

欧風カレーはベースとなる『ダシ』が風味の大きなポイントなのですが、動物性の原料を使用せずにコクや深みを出すことが非常に難しく、社内ではなかなかそこをブレークスルーすることができていませんでした。

その悩みを相談したところ、大平シェフはすぐに複数パターンの試作品を作ってくださいました。

深みのある王道系のものから、スパイスのパンチが利いた本格派のもの、まろやかさが強調され幅広く受け入れられそうなものなど、方向性は異なるもののどれも完成度が高く、ダシの味わいを感じるものとなっており、プロフェッショナルの仕事に思わず唸った記憶があります。

その中でも、野菜のコクや旨味が凝縮された、まさに菜食の魅力がぎゅっと詰まったレシピを選択しました。

それ以降も複数回の協議とブラッシュアップを重ね、最終的に今回の品質に辿り着きました。

是非お客様には『ZEN MEAT欧風カレー』の野菜の旨味の奥深さと魅力を感じていただきたいです。」


ZEN MEAT KEEMA CURY(ゼンミートキーマカレー)180g 600円(税抜)。


「野菜キッチンCocomo」の大平哲雄シェフ監修。ZEN MEAT EUROPEAN STYLE CURRY(ゼンミート欧風カレー)180g 600円(税抜)。


ZEN MEAT STROGANOFF(ゼンミートストロガノフ)180g 600円(税抜)。


ZEN MEAT BOLOGNESE SAUCE(ゼンミートボロネーゼソース)140g 500円(税抜)。

〇 どこで購入できますか?

など、今後販売店は拡大予定です。

〇 今後の展開やビジョンを教えて下さい。


「モノづくりにおいては、より多くの課題解決ができる商品を作っていきたいと思っています。

今は植物性商品を中心にラインナップ化を行っておりますが、それ以外にも、一部業務用商材として販売を開始しているグルテンフリーパスタなどの食物アレルギーに対応したもの、飲食現場や家庭のキッチンでの調理負担を軽減するもの、日本の食文化をダイレクトに感じられるものなど、色々と構想はあります。

理想論ではありますが『SEE THE SUNの商品ラインナップを見に行けば、自分の体質や考えに合ったものが必ず見つかる』、そんな世界が創れたらいいなと考えています。

モノづくり以外に関しても実はSEE THE SUNは動いています。

食に従事されている方々と日々お話しをさせていただく中で、食の世界には様々な課題が山積していることに気付かされます。

フードロスや食糧難、人口増による動物性たんぱく不足、飲食現場での労働力不足や、生産者の方々の跡取り問題・経済問題など…挙げ出したらキリがありません。

SEE THE SUNのミッションは『テーブルを創るすべての人を幸せに』ですが、食卓の上で食事をする方々の課題だけでなく、こういった食卓の裏側に隠れた様々な課題に対しても取り組んでいます。

一方でこれらの社会的な課題はあまりにも規模が大きく、一個人や一企業の力だけで解決をするには限界があることにも気付いています。

それゆえ、業種や業界、企業・個人の垣根を越えて、同じビジョンをもつ様々な仲間とコミュニティを形成することで、ひとつひとつ課題を解決していくことができればと考えています。」


美しい海と山に囲まれた葉山町からSEE THE SUNの様々な取り組みが発信されます。


食は私たちが生きていくうえで、切っても切れないもの。未来を見据えて考えなければならないことはたくさんありますね。

まずは、自分や家族の健康を考え、環境にもやさしい選択をすることから始めてみては。

これからのSEE THE SUNの取り組みにも注目ですね!

髙橋さん、お忙しい中、丁寧にお答えいただきましてありがとうございました。

Vegewel特典

素敵なVegewel特典をいただきました!

Vegewel読者にうれしい特典をいただきました。ぜひ、皆さんにも食べてほしい!

ZEN MEATを使ったレトルト4種詰め合わせを抽選で10名様にプレゼントです。

ご希望の方は、こちらの応募フォームからお申込み下さい。

※申込み期間は、本日より2月23日(土)まで。

株式会社SEE THE SUN
オンラインショップ https://seethesun.jp/shop/
オフィシャルサイト https://www.seethesun.jp/

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Sayuri

Sayuri

ナチュラルフード・コーディネーター
食生活アドバイザー
健康な身体はまず、食事から。おいしい笑顔を広めるために、日々勉強中です!