子連れにも優しい、みんなのカフェ。コミュニティカフェパンゲア【堺】【Vegewel特典】

堺駅から5分ほど、工場が立ち並ぶ海側へ歩くと、長く地元の人に愛されてきた「コミュニティカフェパンゲア」があります。一見、カフェに見えない外見、まさに倉庫そのままの入り口を開くと、ちょっとレトロで素敵な空間が広がります。

ビーガンやベジタリアンのメニュー専門店ではないけれど、子どもたちのおやつを中心に、卵や乳製品不使用のスイーツを提供しています。

運営するのはNPO法人SEIN。「地域に開かれた、地域に愛されるカフェ」を目指し、イベントの開催や情報発信など、カフェ運営だけにとどまらない、様々な活動をしています。

その活動やお店に対する想いを、カフェオーナーかつNPO法人代表でもある湯川(ゆかわ)まゆみさんに伺ってきました!

コミュニティカフェパンゲアの場所や詳細な情報はこちら

卵と乳製品不使用、子どものおやつ


子どものおやつ 蒸しパンとクッキー(税込250円)

もともと、湯川さんがご自身がすごく健康なため、食事に対するこだわりなどはなかったそう。しかし、お客様や友人、お店のスタッフなどから聞いて、アレルギーなど配慮が必要な食事のことを考えるようになります。

目の前のものを何でも食べていい環境、みんなと同じものを食べる喜びを体験して欲しいという想いから、来店する子どもたちにも多いアレルギーに配慮して、卵・乳製品不使用のおやつを提供しています。

大人の方の注文については相談してください、とのことです。

野菜のスイーツと気まぐれケーキ


気まぐれケーキ(税込400円)

気まぐれケーキは、シェフの気まぐれで作るケーキ。バターを使用することもあったそうですが、現在は卵・白砂糖・乳製品不使用のケーキを提供する場合もあります。

今の季節にさっぱり食べたい、レモンのケーキが登場したり、どんなケーキに出会えるのかは、行ってからのお楽しみ。シェフの気まぐれにおまかせすれば、きっとお腹も心も満たされますよ。

取材日は紅茶のケーキで、ほんのり紅茶が薫る、ふんわりした食感と優しい甘さが、何個でも食べられちゃいそうな美味しさでした。


また、乳製品使用のベジタリアンメニューだと、manoさんの地場野菜を使用したスイーツが人気。7月の野菜はトマトで、皮も種も丸ごとのトマトを使用したレアチーズケーキです。

トマトがスイーツになるの?という疑問を見事に吹き飛ばしてくれるほど、程よい酸味がケーキの美味しさを引き立て、調和していました。

野菜が違和感なくスイーツとして調和していることに驚きます。こちらは月替わりなので、季節のお野菜のスイーツを楽しめます。


その他の卵・乳製品不使用のビーガン対応スイーツは、豆乳アイス(税込400円)です。豆腐を思い出すようなふんわりした食感なのに、シャリシャリしたアイスでもある。不思議懐かしい味です。

子連れに優しいカフェへ


オーナーの湯川さんは、10年以上前に先代のオーナーからカフェの運営を引き継いだ、コミュニティカフェパンゲアの2代目オーナーです。

最初の頃は、20代〜30代くらいの若い世代を意識したカフェの運営を目指していたそうですが、ある年配のお客様から言われた一言により方向転換します。

年配のお客様は、お店を見渡し、若い人のお店なのに自分たちみたいな年寄りが来て、申し訳ない、と謝ったそうです。

それから、みんなに喜んでもらえるカフェになりたい、と試行錯誤し、親子ルームなどを作ったことで子連れのお客様が増え、結果的に年配の方も孫を連れて来店したり、様々な年代が集う現在のカフェになりました。

ご自身のことをカフェの経営向きではないかもしれないと言い、「お腹いっぱいになったら、みんな優しくなると思うんです。」と話す湯川さん。知らないことや未完成なことも楽しみながら、ゆるゆると居心地のいい空間と食を提供し続けたいとのことです。

定番メニューにはないけれど、イベントの開催時には、大豆ミート使用したビーガン対応のお食事メニューを提供していたり、要望を聞いて柔軟に対応してくれるお店です。ビーガンやベジタリアン対応のお食事メニューについては、ぜひ、事前にお電話で相談してみてください。

また、お店の情報がびっしり詰まったフリーペーパーを、湯川さんご自身が毎月手書きで作成し、配布しています。ぜひ手に取ってみてください。

カフェの裏の顔!?NPO法人SEIN


「NPOオタクなんです(笑)」というくらい、いろんな国でNPO・NGOの活動をしてきた湯川さん。その活動の原点は、思春期の頃の挫折経験にあると言います。

たくさんの苦悩を抱えながら、生きる意味などを問い続け、国際ボランティアで海外の人とのふれあいを通して、多様な生き方を知ります。

そんな中立ち上げたNPO法人「SEIN」は、2018年、グループとしてさかいNPO協働大賞を受賞するほどまでに成長を続けています。

今後は肩書きのない仕事やいろんな生き方を紹介したり、中高生の集まる場所や地域の人とのつながる場を提供したり、価値観や理解を広げるためのきっかけ作りの場として、イベントの開催や情報の発信をしていきたいとのこと。

カフェで使用している野菜は、出来るだけ地元のものにこだわったり、「かもしランチ」と名付けられた発酵のものを取り入れた健康的なランチや、豆から作るお手製のお味噌などなど、メニューには、食を交流のきっかけ作りにしたい、食の大切さを伝えていきたい、オーナーの熱い想いが込められています。

カフェだけにとどまらず、これからの活動もますます楽しみです。

Vegewel読者限定!ランチ限定1ドリンクプレゼント

コミュニティカフェパンゲアで使える、Vegewel読者だけのお得なプレゼント!

この記事の画面をお店で表示いただくと、ランチ限定で1ドリンクがプレゼントとなります。※有効期限:2019年8月末まで

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

コミュニティカフェパンゲアの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

おすすめのギルトフリースイーツ


マクロビバターサンド【瀬戸内産清見オレンジ】


アガベシロップと国産果実のゼリー【もも】


インカベリーバー【ココナツ&アーモンド】


おからのかりんとう【黒糖】


デーツクラウン クナイジ種 250g


トミィミューズリー【ヘーゼルナッツ&カカオ】

このほか、プラントベース食品のオンラインショップVegewel Marchéでは50種類以上のギルトフリースイーツをご用意しています。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください!

Yasmin

Yasmin

育児ときどき音楽家。元オーガニック食品店店長。アレルギーの娘と自分への優しい暮らしを研究中。
http://yasmin22.storeinfo.jp/