会員限定
消化がよくほっこり温まる 「ほうとう」 を手作りしよう~しあわせこよみごはん~そして・・・エピローグ

好評連載中の「しあわせこよみごはん」の応用編レシピ。まずはこちらの記事をチェック!

風邪に負けない身体づくり・・・脾臓を養い免疫を上げて季節の変わり目を元気に~しあわせこよみごはん~

甲州名物「ほうとう」。

山梨出身の私にとって、郷土料理のほうとうは、秋から冬にかけての風物詩として馴染み深く、夏の桃に並んで飽きることのないふるさとの味です。

山岳部の多い山梨県では、お米はとても貴重なものであったため、地産の小麦粉を使って家庭で太麺を打ち、食べる習慣がありました。中でもほうとうは、各家庭仕込みの味噌で味付けする家庭料理の代表でした。

山間部や盆地の厳しい寒さの冬に頂く暖かいほうとうは、身体を温める養生食として作り継がれてきました。

戦国武将の武田信玄公の陣中食で、甲州軍の健康維持のために普及したとも言われるほうとう。

地元では「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう」ということわざがあり、何か事が上手くいったときに使われるように、縁起ものの食べ物でもあります。

他にも、山梨には「おざら」と言う、手打ちしたうどんを釜揚げし、あたたかい醤油味のつゆでいただくものもあります。

ほうとうは、かぼちゃを入れるのが特徴で、その甘味が溶け込んだ優しい味わいです。

収穫の秋に採れるきのこや里芋などを中心に、旬の野菜をたっぷり入れて味噌で煮込んだ麺なので、栄養は満点。消化がよく胃腸にやさしいため、土用の時期にも最適で、老若男女問わずおすすめの料理です。

生めんを煮込むため、とろみがついていて冷めにくいのも特長です。

病み上がりや、内臓が疲れている時、断食後の回復食など、マクロビオティックでも推奨されています。

材料を切って煮込むだけという、シンプルな行程で作ることができるほうとうは、実は忙しい現代の人たちにとっても最適なお料理なんです。

冬になると私の作るほうとうが食べたい!と友人たちからも人気の、見た目は地味だけれど、やさしく美味しい本場仕込みの人気レシピをご紹介します。

是非作ってみてくださいね。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。