全メニュー麹入り・グルテンフリーで腸活!ほっこり家族の愛が隠し味。Fete le marche(フェットルマルシェ)【向ヶ丘遊園】

「Fete le marche(フェットルマルシェ)」は、グルテンフリーをライフスタイルに取り入れた仲良し家族が、4月にオープンしたお店。
ご家族の愛情あふれるメニューは、麹がたっぷり入った、腸が元気になるものです。

今回はオーナーで、マクロビオティッククッキングスクール リマや米粉マイスターの講師として活躍されるお母さん、潟山公美(がたやまくみ)さんにお話をお伺いしました。

Fete le marcheの場所や詳細な情報はこちら

ベジ・ノンベジメニューを楽しめる、地域の方が集うお店。


小田急小田原線・向ヶ丘遊園駅から徒歩4分。2階を見上げると、グリーンを基調としたお店を発見。

どこかあたたかい感じのする看板は、ディズニーランドの装飾を手がける方が作ったのだそう。

この日はオープン日でしたが、サイレントオープンにも関わらず、口コミや通りがかりの人で店内は賑わいを見せていました。


駅から近いのに、柔らかな木のぬくもりを感じる店内のせいか、とっても心が落ち着きます。

テラス席もあり、休日には家族でゆっくりできそう。ランチが17時までなのも嬉しいポイント。

メニューは全てグルテンフリー。それに加え、発酵食品の力で腸内環境を良くすることにこだわっています。また、食材は地元のものを優先して使用。

ノンベジさん向けメニューには、とんかつがドンッ!とのったトルコライスや、牛肉炒めごはんなどがあり、オーナーご家族の出身地、長崎の本場の味が楽しめます。

ランチのおすすめ、ボリュームたっぷりマクロビランチ


全てのランチには、オーガニックのファーストドリンクが付いています。

今回は選べる種類の中から「オーガニックデトックス」をチョイス。ミント・レッドクローバー・タンポポの根・ごぼうの根などがブレンドされています。食べる前に腸がきれいになるのを促してくれそうですね。


テーブルに運ばれてきた「マクロビランチ(食前ドリンク付き1,200円税抜)」は、おかずがモリモリ!

お米は、熊本のオーガニック・無農薬玄米をお店で発芽させた自家製発芽玄米。腸が弱い方でも、負担が少なく食べやすいものです。

どのメニューにも麹を使っているのが、フェットルマルシェの特徴です。

塩気には塩麹、甘味には甘酒、炒めものには醤油麹と、料理に合わせて種類を使い分けているそう。

例えば、厚揚げを甘酒で炊いたり、セロリとごぼうのきんぴらに塩麹を使うことで、素材が程よい柔らかさで食べやすくなり、素材の味をより感じることができます。

食べ進めてわかるのが、麹の使い方が実に自然だということ。違和感がないどころか、お料理にやさしい旨味を加えているのがわかります。


この日は他に、

・レンズ豆とかぼちゃのスープ
・かぼちゃのカレーコロッケ
・長ネギのグラタン
・干し大根のチャンプル
・自家製ピクルス

と、こんなに大ボリュームにも関わらず、お腹は程よく満腹なのがびっくり。麹が消化を手伝ってくれているのでしょうか。

ランチのヴィーガンメニューには他に、グルテンフリー生パスタランチがありますよ。

本格ヴィーガン・グルテンフリースイーツがたくさん!


オーナーはパティシエで、ビューティースイーツの講師。米粉マイスター協会の米粉スイーツマイスターの立ち上げにも関わっています。他では食べられないこだわりスイーツはおススメです。

ランチにはデザートセットをプラス300円(税抜)でつけることができます。

この日のメニューは「リンゴのクランブルケーキ、マンゴーシャーベット添え」。

濃厚でフルーティーなアイスは、バナナ・マンゴー・豆乳がベースです。甘さは果物の甘みだけというから驚き!

アップルクランブルケーキは米粉と玄米粉をメインとしています。


こちらは「あまおうストロベリーパフェ(650円税抜、プラス200円でヴィーガン対応)」。

サクサクの自家製グルテンフリーシリアル・バニラアイス・たっぷりのあまおうソースのハーモニーがたまりません。

他にも、チョコバナナ・紅茶とオレンジのパフェがあります。


グルテンフリー・ヴィーガンマフィンも発見。甘酒を使用しているので、ここにも麹が!この日のフレーバーは紅茶とサツマイモあんでした。

親子3代で繋いだカフェへの想い


もともと長崎で自然食のお店をしていたという潟山公美さん(写真中央)。

その時は潟山さんのお母さんと、今はお子さん(写真左・望海さん、写真右・慶潤さん)と、親子3代でお店を営むことになりました。

「前のお店は母の病気で閉めてしまいましたが、お店がない間も娘はカフェの夢を膨らませていたんです。

ある時、『ばあばとママみたいに、自分もママとお店をやりたい。』と打ち明けられて。私が母に学んだように、娘も私から学びたいと。母は、自分が病気になったせいでと、お店を閉めたことを後悔していたんです。

娘の想いを受け、私もこれから先どうなるかわからないし、やってみよう!と思いました。」


「お店のコンセプトの一つに『ベジタリアンの母、お肉が大好きな娘』と、ありますが、私たちが一緒に外食できるところがあまりないんです。私が野菜を食べたいと思っていても、娘はまだ若いしお肉が食べたいんです。

私たちのような方の他に、アレルギーのお子さんをお持ちのお母さん達が、気軽に立ち寄れるところにしたいとも思いました。」


「麹を使っているのは、私が麹に救われてきたからです。

私はずっと腸が悪くて入退院をくり返してきたのですが、味噌汁や麹を取ることで、今はこんなに元気になりました。二人の子供たちはアトピーで、皮膚は象のようでしたが、薬をやめて食事療法で治りました。

麹や発酵食品をずっと食べることで、腸内環境や肌艶も良くなり、いつのまにか元気になっていきます。」


体の不調を食で乗り越えてきた、潟山さんご家族。だからこそ、健康的で安心・安全な食事を、普段から取り入れることの難しさも知っています。

忙しいママさんたちに、少しでも体にやさしい食事を食べてもらえるように、今後はお弁当の販売や米粉パンの通販もしたいと潟山さんは言います。

また、月二回 水曜日に、グルテンフリーでヴィーガンのスイーツ・パン・料理のレッスンが始まるそうです。


「家族でやってるので、おうちに帰ってきたつもりで寄って欲しい」という潟山さん。

月・火・金・土の夜は22時(L.O.21時)までの営業で、フムスと米粉パンのセットや、その日仕入れた野菜で作るおつまみを展開。オーガニック・グルテンフリービールもあり、バータイムも楽しめそう。(夜は予約をオススメします。)

向ヶ丘遊園の「第2のホーム」、フェットルマルシェに「ただいま!」と言いに、また行きたいです。

木曜の定休日の他にも、店舗営業日はレッスンで変更になる場合がありますので、詳しくはお店にお問い合わせください。

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

Fete le marcheの場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

岩田 絵弥曄 / Emika Iwata

ヴィーガン専門として初のフードアナリスト®︎、フリーライター。体調不良をキッカケに10年以上前にヴィーガンとなる。

「食のバリアフリー」を広げるWebマガジンVegewelを中心に、ベジの名店や食制限に取り組む企業・料理家の取材記事を紹介。全国自ら足を運び、街のカフェからミシュラン掲載店まで幅広く案内することで定評がある。また、保育士・幼児食インストラクターとして親子向けヴィーガンスイーツ作りも行う。

WORK
2018.11
TV出演。日テレ「人生が変わる1分間の深イイ話」ティーンに人気のヴィーガンモデルで、俳優の城田優さんの妹「LINA」さんにインタビューした様子が放送されました。

2018.8
チバテレビ「ジャルっと爆ハリ」でお笑いコンビジャルジャルさんとヴィーガンスイーツレッスンを受ける様子が放送されました。