会員限定
暑くてもご飯が進む、カラフル野菜天国!玄米のさっぱりライスサラダ

いよいよ夏も終わりを告げようとしていますが、まだ暑い日が続きますね。

今回は、簡単に作れるのはもちろん、栄養補給もしっかりできて、見た目にもおしゃれ。そんな夢のような食べ物、ライスサラダのレシピをご紹介します!

「暑いと玄米が重たく感じる」とよくいいますが、私個人的には玄米を食べていた方が元気に過ごせるので、あの手この手で工夫して食べるようにしています。

その中でも、このライスサラダはほどよい酸味が食欲をそそり、さっぱり食べやすくてお気に入り。

もちろん、白米やほかの雑穀でも作れますので、ご自身のお好みでいろいろ試してみてくださいね。丸麦やキヌア、ワイルドライスなど、食感に特徴のあるものがよく合います。

材料の下ごしらえをしておけば、あとはボウルで混ぜるだけ。野菜が無理なくたっぷり食べられ、これ一つで主食も副菜も兼ねてくれる優れものです。

見た目も華やかなので、パーティーシーンなどにもぴったり。太陽の国・イタリア生まれのライスサラダを、ちょっぴり和風に、ヴィーガン仕様にアレンジしてみました。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

大国 沙織|Saori Ohkuni

大国 沙織|Saori Ohkuni

平成元年生まれのフリーライター、ヴィーガン料理家。
約15年前から、マクロビオティック、菜食中心のライフスタイルを送る。
京都で学生時代を過ごし、東京で雑誌の編集を経て、自然豊かな千葉県鴨川市にUターン。
四季折々の野の草や、色鮮やかな野菜たちと戯れることが喜び。
あちこち住んだからこそ感じる田舎暮らしの魅力、サスティナブルな旅の楽しみ方も発信中。

正食クッキングスクール師範科コース修了
インナービューティープランナー®

運営ブログ「おいしい人生のつくりかた」:http://delicious-life.com/