会員限定
食物繊維で腸の動きを活発に。身体もポカポカ温まる、人参と玄米のポタージュ~しあわせこよみごはん~

暑かった夏も終わり、朝夕はだんだんと寒さが強くなってきましたね。

食事も、身体を心地良く冷やす夏のメニューから、身体を温めるメニューへシフトしていかなければなりません。

今回ご紹介するのは、この時期おすすめポカポカスープのレシピです。

とてもシンプルですが、身体を冷やす豆乳や小麦粉を使わずに、玄米でとろみをつけたスープ。玄米はもちろん、根菜である人参も、身体を温めるのに一役買っています。

人参の代わりに他の根菜でも応用出来ますので、寒い季節のポタージュレシピとして、是非参考にしてみてくださいね。

好みでお味噌やしょうが汁を入れると更に温まりますよ。

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

岡野則子

岡野則子

クシマクロビオティックスクールレベル3修了
リマクッキングスクール師範科修了
マクロビオティックパーソナルシェフ
JSAワインエキスパート
NPO法人ブレイブサークル運営委員会アドバイザー(大腸癌撲滅キャンペーン)

仕事が多忙な40歳の時に大腸がんステージ3になったことがきっかけでマクロビオティックと出会う。実践していく中で体調が改善し、健康は自然に寄り添った日々の食事と生活から作られるもの、ということを身をもって体験。以後がんの再発・転移無し。
大腸がんは女性に多く、一人でも自分のような人を減らしたい、という思いからおもに同世代の女性に向けて食の大切さをイベントやワークショップなどを通じて伝える活動をライフワークとしている。