【旬の食材シリーズ:冬】甘みたっぷり鍋に美味しい深谷ねぎ(埼玉)

深谷ねぎとは、埼玉県深谷市やその周辺で作られている根深ねぎの総称です。根深ねぎとは土を被せて白い部分が多くなるように育てたねぎのことで、「白ねぎ」、「長ねぎ」と言われるものですね。

ちなみに深谷市はねぎの生産量が日本一。日本のねぎと言えば深谷ねぎが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

深谷ねぎの特徴


深谷ねぎは、他のねぎと比べて柔らかくとろけるような食感で、甘味が多いのが特徴です。「春ねぎ」「夏ねぎ」「秋冬ねぎ」と1年中生産されており、いつでも食べることができますが、中でも一番美味しいのは「秋冬ねぎ」です。

12月頃から出荷される「秋冬ねぎ」は、寒さから自分自身を守るため糖度が高くなります。これにより他の季節よりもぐっと甘味が増し、食べやすく味わい深いねぎになるのです。

深谷ねぎの歴史


深谷ねぎが最初に造られたのは明治時代と言われていますが、その頃はまだ「深谷ねぎ」という名称ではありませんでした。

「深谷ねぎ」の名称がついたのは大正初期。ねぎの相場が暴落してしまい、北海道や東北へもねぎを出荷するようになった際、「深谷ねぎ」の商標を付けて出荷したのが始まりのようです。

昭和初期にはさらに規模を大きく生産していくようになり、今では深谷ねぎは全国各地に出荷され、多くの家庭や飲食店で食べられるようになりました。

深谷ねぎの美味しい食べ方


深谷ねぎを美味しく食べるには、そのとろける食感や甘味を感じられる料理がおすすめです。大きめに切って、そのまま網などに乗せて焼いて食べれば、アツアツトロトロの食感を存分に味わえます。好みによって塩や味噌をつけても美味しいですよ。

また、秋冬ねぎを食べるなら、やはり寒い時期には欠かせない鍋料理。鍋料理に深谷ねぎをプラスすれば、鍋自体に甘味がぐっと増し、とても美味しくいただけますよ。

ちなみにねぎには「硫化アリル」というビタミンB1の吸収を助ける成分が豊富に含まれているので、鍋の最後にビタミンB1が多く含まれる玄米でヘルシーおじやを作ってみるのもおすすめです。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

奥田彩(Aya Okuda)

奥田彩(Aya Okuda)

Vegewel Style編集長
フードコーディネーター
食育インストラクター
食空間コーディネーター
フードライター
食の美味しさ、楽しさ、大切さを発信すべく、地道に活動、勉強中。