会員限定
クリーミーな中東料理♬焼きなすのディップ「ババガヌーシュ」

ババガヌーシュは中東でよく食べられている、焼きなすのディップです。クリーミーな食感が特徴で、パンや野菜につけていただきます。

本来はタヒニという生のごまペーストを使いますが、日本だとあまり手に入らないので、白練りごまで代用してみました。

なすをじっくりローストして旨味を凝縮させたら、あとはフードプロセッサーですべての材料を混ぜるだけ。

クセがなくて食べやすい味だから、野菜が苦手な方にも試してみてほしい一品です。

にんにくが食欲を刺激して、手が止まらなくなるおいしさですよ。

ご家庭でもとっても簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

難易度☆
手間度☆

この記事は Vegewel 会員限定です。会員登録いただくと、全てのコンテンツを無料で閲覧できます。

Misa

Misa

環境活動家
ライター
コンサルタント
自分のカラダと美しい自然を守るため、ヴィーガンに。国内外を旅しながら、地球にやさしいお料理レッスンや、サスティナブルなワークショップなどを開催しています。世界各国のヴィーガンやベジタリアンと日々関わっている経験から、プラントベースドビジネスのコンサルもしています。