オートミールと一緒に揃えたいおすすめのプロテインを紹介!

「オートミール」は穀物の一種です。脂質を抑えながら炭水化物を摂ることができため、ダイエット食として注目されています。

また、プロテインとあわせて使うことで、炭水化物をエネルギーとして消化したうえでタンパク質を体に取り込むことができ、脂肪を落としつつ筋肉の増量を目指すことができます。

オートミールやプロテインにはそれぞれ多くの種類があり、プロテイン配合のオートミールなども市販されています。

本記事では、おすすめの商品や活用方法などを詳しく解説します。オートミールを使ったダイエットに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】
低カロリーで栄養素たっぷり!オートミールの効果と食べ方【レシピ付き】

ソーシャルグッドな商品のマーケットGood Good Mart

オートミールとは?プロテインと混ぜるなら?


オートミールとはどのような食品なのでしょうか。何から作られているのか、どのような種類があるのかを知っておきましょう。

オートミールはオーツ麦を食べやすく加工した食品

オートミールは、オーツ麦を食べやすく加工した食品です。

オーツ麦の加工方法には、ローラーで平らにしたり蒸したりといったさまざまな方法が使われます。

そのため、オーツ麦の形が残っているものから、小さく砕かれているものまで、いろいろな形状のオートミールがあります。

形状や加工方法によって相性の良い料理が異なるので、料理によって種類を使い分けてみてださい。

プロテインと混ぜるならロールドオーツかクイックオーツがおすすめ

プロテインと混ぜるならロールドオーツかクイックオーツがおすすめです。

「ロールドオーツ」とは、オートグローツと呼ばれるオーツ麦の外皮を取り除いた状態のものを蒸して、ローラーで平らにしたものです。

食べる前に、5~10分ほど加熱調理が必要になります。形がそのまま残っているので、噛み応えがあり腹持ちもいいです。

「クイックオーツ」は、ロールドオーツを細かく砕いたものです。

わずか1~2分ほどの加熱で食べられるので、忙しいときの食事におすすめです。

プロテインと一緒に食べたいおすすめのオートミールを紹介!

オートミールにもさまざまな商品があるので、どれを選べばいいかわからないという人もいるでしょう。

そこで、ロールドオーツとクイックオーツそれぞれのおすすめ商品をご紹介します。プロテインとの相性もよく、ダイエットにおすすめの商品です。

ロールドオーツなら「Bob’s Red Mill」


引⽤: Upperleft Co.

ロールドオーツなら「Bob’s Red Mill」がおすすめです。

オーガニックのオーツ麦が使われており、全粒100%で作られているので、安心して食べることができます。

水や植物性ミルクと煮るだけでなく、グラノーラに混ぜたり、クッキーやパンに混ぜるなどの活用方法もあります。

HP: Upperleft Co.

クイックオーツなら業務スーパーの「クイックオーツ」


引⽤:業務スーパー

クイックオーツなら、業務スーパーで販売されている「クイックオーツ」がおすすめです。

一番の特徴は、安価で手に入るところです。スーパーや通販で売っているオートミールとは比べ物にならないほど安いので、経済的負担が少なく続けやすいでしょう。

また、オーツ麦が砕いてあり加熱してすぐに食べられるので、日々の食事にも取り入れやすいです。

オートミールは水や植物性ミルクで煮ておいしく食べられますが、プロテインを混ぜればタンパク質なども気軽に補えるので、ダイエット中で食事制限をしている方や栄養不足が気になる方は、ぜひ一度試してみてください。

HP:業務スーパー

プロテインを選ぶコツは?筋力アップやダイエット向きのプロテインを紹介!


プロテインも種類が豊富です。

その中でも、オートミールと混ぜてダイエットや筋力アップにおすすめされている種類があるので、目的に合わせて商品を選ぶようにしましょう。

目的ごとに、どの種類を選べばいいのかを詳しく解説します。

筋力アップならホエイプロテインかカゼインプロテイン

筋力アップが目的の場合、ホエイプロテインもしくはカゼインプロテインがおすすめです。

どちらも原材料は牛乳であり、栄養があるのはもちろん、たんぱく質を多く補給できます。

ホエイプロテインは低カロリーなうえに吸収が速く、カゼインプロテインは身体にゆっくり吸収されるという特徴を持っています。

そのため、運動の前後にはホエイプロテインを、夜にはカゼインプロテインを補給するのがおすすめです。

ダイエットが目的ならソイプロテインが効果的

ダイエットが目的なら、大豆から作られているソイプロテインがおすすめです。

ソイプロテインは、吸収までに時間がかかるため、腹持ちが良いのが特徴です。

食事制限をしていても「お腹がすいて力が出ない」ということがないため、有酸素運動で脂肪を燃焼させながら筋力アップが期待できます。

もちろん栄養も豊富に含まれているため、ダイエット中は栄養バランスが気になる、という人にもピッタリです。

オートミールと一緒に揃えたいおすすめのプロテインを紹介!

プロテインを選ぶときには、含まれている栄養素だけでなく、味のバリエーションや飲みやすさなども重要です。飽きずに毎日続けられる商品を選ぶようにしましょう。

ここでは、おすすめのプロテインを紹介するので参考にしてください。

筋力アップには2種類混合プロテイン


引⽤:weider

森永の「マッスルフィットプロテイン」は、ホエイプロテインとカゼインプロテインを配合した商品です。

筋力アップのためには、1種類のプロテインよりも2種類を混ぜ合わせているプロテインの方が、吸収の時間差があるので効果が長持ちします。さらにEルチンも配合されています。

こちらの商品は、ココア味やバニラ味、キャラメル味などフレーバーも豊富です。何種類か購入しておけば、飽きずに続けやすいです。

また、たんぱく質だけでなく鉄分やカルシウム、ビタミンB群なども配合されているため、栄養価も高いのが嬉しいポイントです。

HP:weider

ダイエットには大豆原料プロテイン


引⽤:森永

ダイエットには、大豆を原料としているソイプロテインがおすすめです。

コーヒー味とココア味の2種類があるので、大豆の味が苦手という人も自分に合った飲みやすい商品を選ぶことができるでしょう。

カルシウムやビタミンDも配合されているので、ダイエットで食事制限をしている人にもおすすめです。

オートミールと合わせることで腹持ちもよく、ダイエット中に重宝します。

HP:森永

オートミールとプロテインはいつ取る?ベストなタイミングを解説!


オートミールとプロテインは、いつ食べるのがおすすめなのでしょうか。

基本的には、オートミールもプロテインも習慣づけるためには毎日決まった時間に食べることがおすすめです。

また、プロテインは種類によって効果的な摂取タイミングがあります。どの種類のプロテインをどの時間帯に摂取すれば効果を発揮しやすいのか詳しく解説していきます。

朝食は一番前の食事から時間が空くため、満腹感のあるものを

朝ごはんを7:00、昼ごはんを12:00、夜ごはんを19:00に食べるとすると、朝ごはんが前の食事から一番時間が空いています。

前の食事から時間が空くと、水分や栄養が不足し、体が軽い飢餓状態になると言われています。

体が飢餓状態になると、体は餓死しないように次の食事の栄養を蓄えようとするので太りやすく、朝ごはんを抜くのはダイエットに良くないと言われる理由にもなっています。

そのため、朝ごはんに脂質が少なくエネルギーになるオートミールと、体の筋肉などを形成するプロテインを摂取すると、筋力アップやダイエットに効果的です。

就寝前に取るとタンパク質の吸収が高まる

就寝前におすすめなのは、カゼインプロテインです。

カゼインプロテインはゆっくり身体に吸収されるので、寝ている間も持続的にタンパク質を体に蓄えることができます。

また、カルシウムなどの物質と結びつき、その物質をゆっくり吸収させる効果もあるので、プロテイン以外の栄養素の吸収にも効果的です。

寝ている間、体の中では成長ホルモンが分泌されており、タンパク質は成長ホルモンが筋肉を修復・増量する材料としても必要になります。

効果が発揮されやすい時間帯にプロテインを摂取することで、メリットを最大限生かしましょう。

オートミールとプロテインを食事に取り入れよう

オートミールとプロテインを食事に取り入れると、筋力アップ・ダイエットなどに効果が期待できます。

オートミールは、ロールドオーツかクイックオーツがおすすめです。プロテインは、筋肉アップに重点を置くかダイエットを目的とするかによって選ぶべき種類が違います。

それぞれ目的に合ったオートミールとプロテインを選び、うまく組み合わせてみてください。また、飽きずに継続するためにも、異なるフレーバーや調理方法を試してみてはいかがでしょうか。

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

Vegewel編集部

Vegewel編集部

日本初のプラントベース・ポータルサイトVegewelの編集部です!Vegewelはプラントベース(植物性/ヴィーガン)の情報に特化したWebサービスで、2016年10月から運営しています。観光庁発行の「飲食事業者等におけるベジタリアン・ヴィーガン対応ガイド」では日本サービスとして唯一掲載され、飲食店に対して登録が推奨されています。運営会社の株式会社フレンバシーは株式会社ユーグレナ(東証プライム市場上場、証券コード2931)のグループ会社です。