銀座並木通りのハイアットセントリック銀座で充実のヴィーガンメニューを堪能!オールデイダイニング 「NAMIKI667」

美しい石畳、そして名前の通りにリンデンの並木の新緑が続く並木通り。

ご存知のとおり、銀座の中でも格式あるブランドストリートとしても人気の並木通りにあるハイアットセントリック銀座東京は、2018年1月にライフスタイルホテルとしてオープンしました。

新聞社の東京の創業地に建てられた同ホテルは、歴史と趣のある場にふさわしい重厚感のあるエントランスでありながら、親しみやすさと温かさも感じられる雰囲気です。

このホテルの3階にあるダイニング・バー&ラウンジ「NAMIKI667」のヴィーガンメニューがおいしいと聞き、お邪魔してきました。

銀座でゆったりと日常を忘れて

これまでも、「ブラウンシュガー1st」とのコラボによる美しいヴィーガンケーキセットや、ヴィーガンミールキットブランド「Purple Carrot」とのコラボによるヴィーガンコース料理の提供がSNSで話題に。

Vegewelでもインスタでシェアしたところ、とても大きな反響がありました。

エントランスを抜け、エレベータで3階に上がると目の前に広がるのは美しく、モダンな雰囲気のダイニング&バーが広がります。

日差しが差し込む高い天井、明るい店内にチークカラーのフロアや壁が映えています。

一面に広い窓が広がり、眼下には並木通りの街路樹の緑がまばゆく、席間もゆったりしていて解放感溢れる空間です。

カウンター席やソファー席など、席それぞれに違いを楽しめる空間は、レストランというよりラウンジのような雰囲気。

緊急事態宣言が続く中、なかなか外食もしにくい中、非日常を感じられる場所はテンションが上がります。

同店のインテリアがまた個性的で素敵なんです!

新聞社の社屋の跡地であることからインスパイアされたインテリアで、よく見ると壁は、新聞紙の試し刷りを重ねて埋め込んだものがモチーフになっていました。

ちなみに1階のエントランスのモチーフも、印刷物をアートにしたものでした。

「NAMIKI667」の“667”は、ホテルの住所の6丁目6-7からとったものだそう。

東京の旬の食材をふんだんに使ったオーブン料理を売りにするレストランです。総面積は約630㎡あるそうで、広い空間に心がふっとゆるむ感じです。


誰もが食を愉しめるように

メニューにはしっかりと“V”マークが記され、ヴィーガンメニューが一目でわかるようになっています。

インバウンドがあふれるオープン当初の2018年は、銀座という場所柄、多様性の対応がマストだったこともあり、あらゆるニーズに応えてきた「NAMIKI667」。

ベジタリアンからアレルギー対応まで、インターナショナルなホテルとして、愛と誇りをもってお客さんの要望に合わせて料理を提供してきたといいます。

中でも昨今特に多いのが、コロナを機に健康意識が高まり、また環境への配慮から増えるヴィーガン。

本当においしいヴィーガンメニューを、制限や制約の多い今、リラックスして楽しんでもらいたいということで、料理を提供しているそうです。

ヴィーガンメニューの鉄鍋ポテトニョッキトマトソースと、デザートのマンゴーパフェをいただきました。

鉄鍋ポテトニョッキグラタンは、ココットに入った野菜がたっぷりのトマトソースニョッキ。

ブロッコリー、カリフラワー、インゲンに、季節野菜のズッキーニとアスパラがごろごろと入っています。

秋にはきのこや根菜などが入るそう。

すぐ隣の築地や豊洲市場から仕入れられるフレッシュな野菜それぞれの食感と味が楽しめます。

もちもちのポテトニョッキとの食感のコントラストもいい感じで、とてもおいしかったです。

こちらはヴィーガン対応のマンゴーパフェ。大きさと美しいカラーに目を奪われます。

マンゴーのかき氷は、下から杏仁豆腐、ジャスミンティーゼリー、フレッシュなマンゴー、アーモンドのクランブル、ココナッツと豆乳のホイップクリームが重なっています。

アマレットの香りがおしゃれな味わい。添えられたソースはマンゴーとパッションフルーツの甘酸っぱいソースで、途中、味変して楽しめるように配慮されています。

さまざまな食感と濃厚な味わい、酸味と甘味、ざくざく&プルンといったメリハリのあるものが組み合わさることで、奥行きあるおいしさに。

もはやこれはヴィーガンと言われてもわからないと思います。

一緒に行った友人は期間限定(~6/12まで)提供のPurple Carrot Lunch Setをオーダー。シェアしておいしくいただきました。

コーンスープにはグリルしたトウモロコシがたっぷり。クリーミーでヴィーガンとは思えない濃厚な味わいになっています。

大豆ミートがたっぷりのペンネアラビアータと、ビーンズサラダも。ボリュームも見た目以上でした。

デザートはヴィーガンキャロットケーキとココナッツアイスクリーム。見た目も美しいデザートです。

ココナッツアイスクリームがなめらかかつクリーミーで、ココナッツ風味が立ちすぎない絶妙な口どけとおいしさでした。

未来に向けて

「東京の中心地である銀座で、リモートワークの疲れや閉塞感のリフレッシュに、宿泊とともに食事をしたり、ランチやカフェタイムにスイーツセットなどを気軽に楽しんでいただきたいです」と、スーシェフの依田さん。

やがてアフターコロナとなり、インバウンドが戻り、日本各地からの観光やショッピング客を迎え入れるため、着実に前進しておいしい料理を提供するべく邁進する「NAMIKI667」。

ちょっぴり贅沢空間でゆっくりと食事ができるヴィーガンレストランは貴重で、まだまだ少ないので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗情報
NAMIKI667
住所:東京都中央区銀座6丁目6-7 東京銀座朝日ビルディング
「ハイアット セントリック 銀座 東京」3F
03-6837-1300

<通常営業時間>
【Dining】
Breakfast/7:00〜11:00(L.O. 10:30)
Lunch/11:30〜14:30(L.O.14:00)
Dinner/18:00〜22:00(L.O.21:00)
【Bar Lounge】
11:00〜24:00(Food L.O. 23:00 Drink L.O. 23:30)

※当面の間は下記の通り営業時間を変更。
【Dining】
Breakfast/7:00〜11:00 (L.O. 10:30)
Lunch/11:30〜15:30 (L.O.15:00)
Dinner/クローズ
【Lounge】11:00〜20:00 (L.O.19:00)

※最新情報は、ウェブサイト参照

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

店舗情報

【NAMIKI667】の場所や詳細な情報はこちら

Vegewelでレストラン検索


Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。

食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。

日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1400店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓/Miyumi Chiba

千葉芽弓(Miyumi Chiba)
ベジフードプロデューサー
Vegewel プロデューサー
Tokyo Smile Veggies 主宰

日本に根付いた伝統食を生かしたベジ・ヴィーガン食から健康や環境保護などの社会問題の解決や、ダイバーシティとしての真のおもてなしを目指し、メニューコンサルタント・製品開発・食育を行う。